通気工法 - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

通気工法

2016/05/01 12:39

横浜の設計事務所です。

通気工法については建築関係者にも混乱した見解が多く見られ、大変良いご質問かと思います。
通気工法には実は以下の4種類の内容があります。
1 屋根通気
2 小屋裏通気
3 外壁裏通気
4 駆体内通気
これらの必要、不必要(採用、不採用)によって、棟換気や軒下有孔板や通気金物を使い分けます。

すべてを解説するのはこの場では大量過ぎるので、今回の場合の判断に絞って解説します。
発泡ウレタン吹付なので屋根断熱なので、2の小屋裏通気は要りません。
屋根断熱でガルバリウム鋼板屋根の場合、最近のガルバリウム鋼板は遮熱塗装されてる事もあるのと、ことさら計画しなければ屋根通気もないです。

駆体内通気は構造用合板を張り詰める時点で特殊な工作をしないと不可能になりますし、ウレタン吹付の場合は関東近辺ならほぼ躯体内結露の可能性は無くなるので、これも必要なくなります。

従って必要なのは外壁裏通気のみになり、これの役割は万が一壁の裏に雨が廻った時に安全に水を排出する経路という事になります。
この場合は、通気と言うより水の排出経路なのであまり通気の出口という考えは必要なくなるかと思います。

寧ろ有孔板などは、風雨が激しい時には雨の侵入口になったり、準防火地域では火の侵入口となる可能性が出てきます。
通気金物も軒が浅いと雨の侵入口になります。

外壁裏通気は二重バリアの二つ目なので侵入してもある意味大丈夫なんですが、ことさら通気の出口の必要性が薄いときにその危険を冒す必要もない気がします。
というわけで、どうしてもという好きずきの問題になるかと思います。

<あーす・わーくす http://office-ew.com

通気工法
役割

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外壁通気工法 換気の出口について

住宅・不動産 新築工事・施工 2016/05/01 10:08

はじめまして。
ただいま新築建築中(長期優良住宅)の者です。
現在の家の仕様で変更するか否か大変迷っております。
時間もないこともあり、藁にも縋る気持ちで相談いたしました。
わかりに… [続きを読む]

shinshin5837さん (栃木県/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
新築で外壁の施工ミス juusoさん  2015-06-03 18:16 回答2件
納期遅れや欠陥だらけ ゆがいっぱいさん  2016-11-16 23:18 回答1件
2×6の家、耐力壁の石膏ボードの開口 ゆかりんりんさん  2015-04-07 08:16 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件