税は意外と”易しい”ですよ。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税は意外と”易しい”ですよ。

2016/03/04 13:30
(
5.0
)

税は難しいさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
雑所得とは、知人にお金を貸して得た利息金や競馬の払い戻し金或いは厚生年金等、他の9種類のどの所得にも該当しないものを言います。
言わば、雑所得は「不労所得」であるのに対してピアノ教師の報酬は、勤労所得と言えます。
そして、「ピアノ教師」の受ける報酬は、所得税法第204条第1項第1号に既定する報酬・料金(「技芸、スポーツ、知識等の教授・指導料)」に該当する立派な「事業所得」に該当します。
また、全ての事業所得者は、平成26年1月1日以降、帳簿の記帳が義務化されました。
その前提でお答えします。
(1)必要経費
事業に必要な経費の記帳をしたえうえ、「収支内訳書(一般用)」を作成し、所得税確定申告書に添えて税務署に提出すれば認められることになります。
(2)控除対象配偶者と配偶者特別控除となれるための所得制限
収入金額から、必要経費を差し引いた金額は38万円以内であれば配偶者控除が受けられます。
しかし、この金額を超えても控除金額が即座に0円になるのではなく、代わって配偶者特別控除を受けることができます。配偶者特別控除は、所得金額によって、段階的に減額されます。2~3の例を挙げると次のとおりです。
40万円未満-38万円、45万円未満-36万円、50万円未満31万円、55万円未満26万円
等となっています。
参考にされば幸いです。

記帳
必要経費
配偶者控除
確定申告

評価・お礼

税は難しい さん

2016/03/04 21:12

早々にご回答くださりありがとうございます。
配偶者特別控除についても付け加えていただいてありがとうございました。
大変助かりました。

柴田 博壽

2016/03/04 22:54

高評価をいただきました。
お役に立てたのであれば、大変嬉しいです。
また、いつでもお立ちより下さい。

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

雑所得の必要経費と扶養について

マネー 税金 2016/03/04 11:56

ピアノ講師をしていて、雑所得が47万円で、源泉徴収税額は4万8千円です(教室から謝礼としていただいています)。
1.必要経費とはどこまでのものが入るのでしょうか?
 (ピアノ調律、コピー、… [続きを読む]

税は難しいさん (大阪府/44歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

子供の扶養について。 カピバラさん  2016-10-17 12:18 回答1件
年金のみ両親の扶養について kyomosakumamaさん  2016-12-04 15:08 回答1件
扶養内の働き方について ppこあらqqさん  2015-04-07 15:09 回答1件