22条地域の屋根や外壁 - 富樫 孝幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

22条地域の屋根や外壁

2016/02/23 11:06
(
5.0
)

プラネット環境計画の富樫です。家づくりを考えるといろいろ解らない点も出てきますね。

・法22条地域というのは、屋根は不燃材。
外壁や軒裏や開口部で延焼の恐れのある部分については、準防火構造。という規定があります。

準防火構造の外壁はモルタルや防火サイディングなどがあります。
モルタルの場合は、外壁下地で準防火構造になりますので内装の下地の制限は受けません。
防火サイディングの場合は、国土交通大臣の認定を受けた材料で
「外壁材・断熱材・石膏ボート」の仕様で認定を受けている材料が多いのが特徴です。
したがって外壁だけではなく、内装の下地も制限を受けます。
仕様に関しては、各サイディングメーカーで認定を取っています。

防火サイディンを使い、内装の仕上げにOSB材を使う場合は、
下地には石膏ボードが必要になってくるのではないでしょうか。
ちなみに無指定地域の場合はこれらの制限は受けません。
車庫に関しても同様で外壁に面した内部の下地の制限を受けます。
また、外気に開放されてるような車庫の場合は、外壁と同様の指導する行政もあります。

詳細は敷地の大きさや形状、配置やプラン・外壁材によって扱いが異なりますので、
設計者の方と相談しながらすすめたらいかがでしょう。

サイディング
防火
石膏ボード
家づくり
外壁材

評価・お礼

takatakapon さん

2016/02/23 18:19

ありがとうございますm(__)m
設計者側と工務店側で言い分が違ってたので気になってましたが、細かく教えていただき勉強になりました。
いろいろ検討しながら進めていくようにします(^^)

富樫 孝幸

2016/02/24 09:42

返信および評価をいただき、ありがとうございます。
外壁材と内装下地がセットで認定を取っている材料もあるので、判りにくいですね。
素敵な家ができるといいですね。

回答専門家

富樫 孝幸
富樫 孝幸
( 東京都 / 建築家 )
有限会社 プラネット環境計画 代表 一級建築士
03-3363-5591
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

東京の建築家と建てる木の家づくり

自分らしく暮らせる、シンプルな家。光と風を感じる家。家族が元気に暮らせ、帰りたくなる家。そして、強いこと。そんな家を一緒につくりませんか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

OSB合板仕上げの下地

住宅・不動産 新築工事・施工 2016/02/22 18:21

教えてください。
22条地域で内装(壁・天井)仕上げにOSBを使う場合、その下地は石膏ボードにしなければいけないのでしょうか?
また22条地域以外であれば下地の石膏ボードはいらないのでしょうか?
ちなみ… [続きを読む]

takatakaponさん (秋田県/38歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

高低差のある土地について taka37さん  2016-06-05 01:16 回答2件
2×6の家、耐力壁の石膏ボードの開口 ゆかりんりんさん  2015-04-07 08:16 回答1件
石膏ボードの継ぎ接ぎについて ゆかりんりんさん  2015-04-03 07:06 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件
新築 壁紙、珪藻土について ryocaさん  2015-06-25 20:54 回答1件