対処方法のひとつの提案 - 井元 雄一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
井元 雄一 専門家

井元 雄一
カイロプラクター 博士(健康科学)

- good

対処方法のひとつの提案

2016/02/19 11:34

Jhon316さん

カイロプラクターの井元です。
術後の後遺症でお困りのようですね。

椎間板ヘルニアで手術を受けたが、運動麻痺や感覚麻痺が発症。そして足の違和感で牽引を行い、しびれが増加、手術の合併症なので諦めるように言われたとのことですね。

私は医師ではありませんが、医療・健康系の博士号を持つ身として、日々多くの患者さんの相談を受けたりしています。

その経験から、Jhon316さんの今の状態を考えると、とても不安だと分かります。
実際にレントゲンやMRIなどを拝見できれば具体的なお話も出来るかと思いますが、現段階で判断させていただくのならば、今後の対処方法としては筋骨格構造のケアが必要だと思います。

幻痛などの可能性もなくはないですが、運動療法で改善も見られていたようので、筋肉ないし骨格によって神経に何らかの影響が出ているのだと思われます。

実際に受診するのは、例えば国際水準(WHOガイドライン基準)をクリアしているカイロプラクティックの先生が在籍している治療院があればそちらをお奨め致します。
もしくは全国展開している「KCSセンター」でも検査の分析は、上述の国際水準のカイロプラクターが行っていますので、まずは一度相談に行かれると良いと思います。

国際水準の先生達は、少なくとも海外の大学で基礎医学を学んでいますし、正規の大学の学位かディプロマをもたれていますし、同様の症例は多く経験されているはずです。

Jhon316さんのなんらかの力にはなってくれるはずです。

最後に、Jhon316さんの対処方法が見つかり、状態が寛解されることをお祈り致します。

KCSセンター
博士号
カイロプラクター
カイロプラクティック
ヘルニア

回答専門家

井元 雄一
井元 雄一
( 神奈川県 / カイロプラクター )
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

痛みだけでなく姿勢も改善します。背骨のゆがみはおまかせ下さい

20年の実績から、腰や肩の問題だけでなく、身体全体をしっかりと診ることを重視しています。画像姿勢検査や病診連携も実現し、あなたに合わせた最適な施術を提供。PTA会長を務めた経験から子どもの姿勢も真剣に考え、学校での姿勢教育や講演も行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

腰の牽引で症状悪化

心と体・医療健康 心と体の不調 2016/02/16 21:10

腰椎椎間板ヘルニア左L5/S1 1年3ヶ月前発症、3週間後手術 S1領域に運動麻痺、感覚麻痺(痺れ) 術後リハビリ開始(運動慮法 マッケンジー法、坐骨神経モビリゼーション) 退学病院では神経に傷が… [続きを読む]

Jhon316さん (埼玉県/53歳/男性)

このQ&Aの回答

現在も症状が続いていますか。 外丸 千明(理学療法士) 2016/02/24 11:50

このQ&Aに類似したQ&A

腰の牽引で症状悪化 Jhon316さん  2016-02-16 18:26 回答1件
どうしたら良いのでしょうか? bonobonobonoさん  2014-12-23 21:27 回答1件
頭がいっぱいいっぱい、感情が抑えられない こさわんさん  2015-11-17 01:15 回答1件
足の痺れと痛みと様々な症状 らうさん  2016-09-16 08:49 回答1件