前妻との子への遺産相続  遺言、遺留分、持分生前贈与等 - 向井 啓和 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

前妻との子への遺産相続  遺言、遺留分、持分生前贈与等

2016/04/04 13:26

方向性としては2つあります。


1.旦那様の資産をなるべく少なくし、奥様やお子様の資産を多くする

2.生前に遺言書を作成してもらい、可能な限り前妻の子への相続分を減らす



1.に関してですが土地と住宅に関してですが、そのうち経年劣化して価値の低下する住宅よりも
土地に関して出来るだけ旦那様の持分を低下させる事を考えるべきかと思います。恐らく将来問題になるのはこの部分がメインかと思います。


登記名義が適切であったかも良く確認すべきかと。というのは、もし奥様も働いていた場合等は共にローンの返済をしたという事になります。


ただ、時々拝見するのはそういう場合でも名義人は旦那様だけになっている場合があります。


登記簿を見直して、贈与税のかからない範囲で見直してみるのは価値ある事かと思います。



2.に関してですが、遺言書の作成によって前妻の子への相続分を減らすというのは有効な手段かと思います。但し、前妻の子も遺留分を持っておりますので完全に排除する事は出来ません。遺言を
書くことにより法定相続分よりは前妻の子の相続分を減少させる事が出来るというだけになります。


遺留分にそなえて代償相続に必要な資金を準備するのも有効かもしれません。例えば、受取人を奥様にした少額の終身生命保険に旦那様に入ってもらい、その保険金を前妻の子の相続分にあてる等が有効かと思います。



東京都内や近郊の不動産相続のご相談はみなとアセットマネジメント株式会社まで
http://www.fudosansouzoku.com/

保険金
生前贈与
法定相続分
遺留分
不動産相続

回答専門家

向井 啓和
向井 啓和
( 東京都 / 不動産業 )
みなとアセットマネジメント株式会社
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

前妻との子に遺産を残したくないのだが・・・。

人生・ライフスタイル 遺産相続 2016/02/16 17:46

私は初婚、夫はバツ一で、3歳の子がいて、元妻が育てているとの事でした
その子の養育費を毎月2万円、20歳まで支払うとの事で、私も納得して結婚しました。
〈当時、夫の給料は… [続きを読む]

motikoさん (北海道/54歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

借地権の引き継ぎにかかる費用について たゆりちゃんさん  2014-09-03 13:36 回答1件
相続放棄の土地について catxxxさん  2015-10-31 09:48 回答1件
私自身が亡くなった際の相続について pokeさん  2015-09-02 21:38 回答3件
祖母の家の解体金の支払いについてご相談です pokeさん  2015-09-02 19:07 回答1件
夫婦間の口座移動に贈与税がかかるの? smile31さん  2015-03-29 02:44 回答1件