優先順位を考えましょう。 - 渡辺 博士 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

4 good

優先順位を考えましょう。

2016/02/12 14:17

はじめまして、ファイナンシャルプランナーの渡辺博士と申します。
家計を圧迫する生命保険をどのように対処するかですよね。

貯蓄が300万円とのことですが、現在毎月どのくらい貯蓄できてますか?又はどのくらい貯蓄しようとしていますか?
なぜなら、基本的に低解約返戻金型の終身保険は長期に支払うことを前提に考えると、直近は解約返戻金が低く抑えられている代わりに高齢になったような時に、又は10年20年経過したときに解約返戻金がある程度の金額発生し元本が割れないようになっています。

今回契約から2年程度しか経過していないことから考えると、解約返戻金はほとんどありません。つまり貯蓄機能は利用できていないのと同じことだと思われます。よって、掛け捨ての生命保険に契約したのとほぼ同じ結果ですので、保険料を考えるなら契約を見直す方がよろしいかと思います。

更に、ご本人も感じていらっしゃるように、死亡保障はもちろん、学資保険やがん保険なども気になさっているようですが、方向性は正しいと思います。
現状から考えると死亡保障は今が一番必要なときです。なぜならお子さんが生まれる時だからです。よって、収入保障保険をお勧め致します。これは掛け捨ての保険ですがムダを省いたものですので、保障重視ならこちらがいいと思います。当初の保障は手厚く、年齢がいったら保障が自動的に小さくなります。掛け捨てだから保険料もお安く出来ます。

又、学資保険は当然考えるようになりますが、今の低金利時代にはお勧めできません。
学資保険は、お子さんが高校生や大学生になられるときまでお金を貯めながら、保障がついているものですが、保険料ばかり高くて、銀行で預金をしているのとほとんど変わりがありません。
よって、保障の部分を考えると今契約している終身保険の方がいいのですが、保険料が難ですよね。
そこで提案したいのが、証券会社などでやっているジュニアNISAを使う方法です。
金額は1000円以上から最終的に貯めたい金額から割り算して必要な金額を毎月貯めていきます。これはそのお子さんが18歳になるまで引き出せませんが、非課税で投資信託を用いて運用します。一般的には10年以上運用ができれば統計的には元本が割れてこないので、18年間ならお勧めです。

もうひとつ、がん保険ですが、今は医療保険の方が優先度が高いです。
もちろん要らないわけではありませんが、医療・がん保障は貯金をたくさん持ってない方に効果があります。まだ若いご夫婦には医療保険の方が必要です。保障全体から考えると、医療保険が一番必要と言っても過言ではありません。日額1万円あればとりあえずはいいと思いますが、奥様については妊娠中の場合加入できないこともあります。お早めにご相談されることをお勧め致します。

最後にお住まいですが、現在賃貸ですよね。
住宅ローンの金利が低下している現状は買えるのなら早い方がいいのですが、今はまず、お子さんの件がおちついてからでもいいかもしれませんよ。
焦って中古の物件を買っても、長く住めないようだと意味がありませんし、希望されている地域だと頭金で300万円がほとんど無くなってしまいます。
これから色々なことがおきてくるときに貯蓄0は厳しいので、まずはお金を貯めることから考えましょう。お子さんのこともあるのでじっくりと急がずに。

なお、介護保障については現在ほとんど考えなくてもいいかもしれません。必要ないわけではありませんが、優先順位を考える必要があると思います。
今必要なのは、お金を貯めること。
NISAやジュニアNISAは使わない手はありません。
それらの運用のひとつに保険を加えて終身保険を小さくつけられれば安心でしょう。
貯蓄と言う意味でNISAや終身保険を使い、保険の保障と言う意味で収入保障保険や医療保険を利用すれば、トータルしても1万円くらいは安くできるのではないでしょうか。

じっくり考えましょう。ご相談はいつでものりますので。

金利
ジュニアNISA
保険料
保険
家計

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の見直しと住宅購入について

マネー 保険設計・保険見直し 2016/02/09 18:24

保険の見直しを検討しています。
現在の収入は、37歳会社員夫が手取り25万、36歳フリーランス業の妻が25万ですが、出産に伴い、妻はいったん休職、復帰後も子どもが小さいうちは収入が減る予定です… [続きを読む]

starman2016さん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aの回答

電化製品はどこで購入されますか? 迫間 理哲(ファイナンシャルプランナー) 2016/02/09 18:48

このQ&Aに類似したQ&A

教育資金と保険の見直しについて ゆうちゃんMamaさん  2015-11-15 17:52 回答2件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
生保加入を検討しております ゆふいん7さん  2015-02-23 05:11 回答1件
病気の夫の生命保険 lala7さん  2014-08-16 15:21 回答1件
DINKsの保険について さくら0000さん  2016-08-24 16:27 回答1件