家計の見直しについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

3 good

家計の見直しについて

2016/02/07 09:37

みやまさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『どこを見直せばもっと割よく貯蓄できますでしょうか...』
につきまして、

みやまさんの場合、
毎月の手取り収入金額や家計支出につきましても、
毎月の食費が幾ら、光熱費が幾らかかっているなど、
具体的に各支出項目ごとの金額が明記されていないため、
残念ながら具体的なアドバイスは出来ない状況になっています。

家計の見直しをする場合、
まずはじめの一歩は収入や家計支出の各支出項目ごとに、
正確な金額を把握することからはじめます。

尚、毎月の貯蓄につきまして、
現状で幾らくらいまでならば貯蓄が可能なのかは、
家計収支の状況がわからないので、
具体的な金額は明示出来ませんが、
最低限の貯蓄額として、
まずふたり合わせた手取り月収金額の10%からはじめてみてはいかがでしょうか?

ただし、みやまさんも心配しているとおり、
お子さんの教育資金負担もこれからかかっていくようになりますから、
教育資金があまりかからなくて済む今の時期はいわゆる貯め時となりますので、
しっかりと貯金をしていってください。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/


以上、

個別相談
相談
ファイナンシャルプランナー
家計見直し
教育資金

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

貯蓄率が悪いので先々不安ばかり

マネー 家計・ライフプラン 2016/02/06 14:43

家族構成 は 、 夫(36)妻(36)小学生(5年.2年)の4にん家族。
年収は、夫450万、妻580万です。

持ち家有りで9万/月、22万×2/ボーナス時のローンあり、支払い残高3500万程度あり、今後繰り上… [続きを読む]

みやまさん (宮城県/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断、保険診断お願いします キラキラっちさん  2016-03-24 18:25 回答1件