ストレスとのつきあい方を、、、 - 沖田 京子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
沖田 京子 専門家

沖田 京子
ヨガセラピスト・フードマイスター

- good

ストレスとのつきあい方を、、、

2016/01/31 01:42

初めまして。
ストレスで体調を崩す方はとても多く、呼吸に症状のでる方も少なくないです。
確かに、ストレスの根本的な解決は、症状改善の近道だと思います。
ストレスの詳細がわからないので、ストレスの原因の改善に関しては何とも言えませんが、出来る範囲での私の考えは、ストレスの原因とのつきあい方を少し変えてみるのはどうかなということです。
私は主にヨガをしていますが、ヨガは体を動かすだけではなく、考え方や様々なお話から、生きていく智慧を学びます。その中でもストレスとの向き合い方は、とても重要な位置にあります。
ストレスの原因となる考え方の中に、その苦しみが永遠に続くと思ってしまうこと。こうあらねばならないと思ってしまう事などがあります。
少しの事でも悩んでしまうとおっしゃられているので、まじめな方で、ストレスの原因を真っ正面から受け取ってしまうのではないでしょうか。
悩む気持も、続くと余計につらいと思いますので、自分の意識の変化を感じられるまでは、気分転換に、読書でもテレビでも運動でも、他にリラックスできる楽しみを持って、ずっと気持をそこに残さない様に、ストレスの原因となる事から気持を切り離すことをお考えになる事もお勧めします。

気分
リラックス
改善
ストレス

回答専門家

沖田 京子
沖田 京子
( ヨガインストラクター )
PEACEFUL YOGA 主宰

make peaceful mind

ストレスや生活習慣から来る体調不良と、ライフスタイルの変化に順応する体と心の強さと健康を手に入れられるように、ヨガを活かして行きたいと思っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ストレス?!

心と体・医療健康 心と体の不調 2016/01/30 23:12

私は今41歳です。15年前くらいから
時々息ができないくらいに呼吸をするのがしんどくなる時がありました。
病院に行ってもストレスですと言われるだけの日々でしたが、最近は息苦しい症状はなくなりました。
ですが、瞼… [続きを読む]

ウッディーさん (大阪府/41歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

異性へのストレス yyyiさん  2016-10-29 16:46 回答1件
クラス替えで… ジャニラブさん  2015-04-11 00:16 回答1件
どうしたら良いのでしょうか? bonobonobonoさん  2014-12-23 21:27 回答1件
頭がいっぱいいっぱい、感情が抑えられない こさわんさん  2015-11-17 01:15 回答1件