合計所得38万円未満ですから「老人扶養親族」に該当します。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

合計所得38万円未満ですから「老人扶養親族」に該当します。

2015/11/30 09:52

スヌーカさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
ご質問にお答えします。

まず、お母様の所得金額ですが、
(1)公的年金等控除額は、120万円ですから、雑所得は0円です。
(2)給与収入は最大72万円で給与所得控除65万円を控除すると給与所得は、
7万円以下となります。合計所得が38万円未満ですから「老人扶養親族(一般)」
に該当します。

次に控除額と税額についてです。
所得税、住民税におけるお母様の(老人)扶養控除額はそれぞれ48万円、38万
円です。
住民税の税率は一律の10%が適用されています。
そして所得税は、スヌーカさんの収入、家族構成から推認される課税所得金額
に対して適用される税率は20%と推認されます。
いずれの税目も適用される税率の割合で税金が減額されることになります。
よって所得税額は、48万円×20%の算式により96,000円の還付
一方、住民税は、38万円×10%の算式により38,000円が28年度に減額
されると予想されます。
年末調整が間に合わない場合、所轄税務署に確定申告書の提出が必要です。
(但し、住民税の申告は不要です)
   ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

所得控除
扶養控除
公的年金
所得税
住民税

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養控除について

マネー 家計・ライフプラン 2015/11/28 21:41

私は48歳既婚で、子供が3人(長男23歳、長女20歳、二男13歳)おります。長男は同居ですが、私の扶養から外れています。
私の年収は900万円、住宅は持ち家で、住宅ローン完済まであと4年間あります。
17年前に父親… [続きを読む]

スヌーカさん (大阪府/48歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

首都圏で相続する土地あり 家を買うべきか kisaさん  2015-07-02 11:44 回答2件
家計診断、保険診断お願いします キラキラっちさん  2016-03-24 18:25 回答1件
子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件