住宅ローン借り換えについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅ローン借り換えについて

2015/10/27 10:07

ちび子さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺て゜゛す。

『現在、家計が苦しいわけでもないので、わざわざ借り換える必要はないでししょうか。』
につきまして、

住宅ローンを借り換えてメリットが出るための条件として、
・借入残高が1,000万円以上残っていること。
・返済期間が10年以上残っていること。
・現在のローン金利との差が、1.0%以上あること。
などとなります。

返済額のシミュレーションは別の方が行っているので私の方では行いませんが、
現在のローン金利を考慮した場合、
若干のメリットは出てくるものと思われます。

ちび子さんが現在利用している住宅ローンの場合、
2022年から変動金利に切り替わってしまう点が少々気にはなりますが、
2022年までにはローンの借入残高も大分減っていて、
変動金利に替わっても借入金額が少なくなっていれば、
それほど大きな金利負担にはならないと思われますし、

もしも借り換えを行うとした場合、
謄本や収入証明書など、
添付資料を取り寄せるのにそれなりの手間と時間がかかってしまいます。

多少なりとも返済負担を軽減したいのでしたら、
0.86%で借りられる10年固定金利でもよろしいと考えますし、

借り換えを行うときの手間ひまが煩わしいようでしたら、
今のままで、繰り上げ返済を行って返済期間を短くしておいてもよろしいと考えます。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別相談
繰り上げ返済
ファイナンシャルプランナー
借り換え
ローン借り換え

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン借換について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/10/26 16:04

現在借換を検討しています。

ローン残高 1080万
期間    13年

現在利率 1.7 2022年から変動に変更(現在の変動1.2)

借換検討先 変動 0.588 もしくは10年固定 0.860→その後変動

諸費… [続きを読む]

ちび子さん (東京都/40歳/女性)

このQ&Aの回答

10年固定で今より固定金利期間を伸ばす方法 三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー) 2015/10/26 18:58

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン借換 ヴルさん  2016-08-19 08:24 回答2件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
銀行に住宅ローンの金利交渉をしたのですが ライブさん  2016-08-18 08:50 回答1件
姉弟間で名義変更と住宅ローン借り換え k.a.t.k.aさん  2016-01-23 17:59 回答1件