退職後の生活設計について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

6 good

退職後の生活設計について

2015/10/23 15:17

saramamachacoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。

『退職金5000万円と預貯金500万円でこれからどうしたらよいか、アドバイスいただきたいです。』
につきまして、

例えば、退職金から2,000万円で新築一戸建てを購入した場合、
現在、支払っている家賃負担はなくなりますが、
退職金が2000万円目減りすることになります。

よって、これから一生涯に渡り家賃を支払っていった場合と、
2,000万円で住宅を購入した場合とでは、
どちらか負担が少なくて済むのかなどを検討する必要があります。

それから現在の生活費が毎月幾らくらいかかっているのかを把握しましょう。
saramamachacoさんの場合、
退職金や預貯金、将来受け取れる年金額は既にわかっているのですから、
後は生活費などの支出が生涯に渡って幾らくらいかかるのかを把握すれば、
住宅を購入しても残りお金や年金で暮らしていけるのかがわかります。

勿論、十分にやっていけるのでしたら安心して、
セカンドライフを迎えることができますし、
万が一、生活資金が不足するようでしたら、
今から資金対策を行っていく必要があります。

尚、saramamachacoさんがご希望いただければ、
多少なりとも費用がかかってしまいますが、
私もお手伝いすることもできますので、
合わせてご検討ください。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別相談
相談
ファイナンシャルプランナー
セカンドライフ
退職金

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

退職後の生活設計

マネー 家計・ライフプラン 2015/10/23 13:07

62歳男性、妻65歳と二人暮らし、子供一人独立。 来年一月退職予定。現在賃貸住まい。退職金5000万円と預貯金500万円でこれからの生活をどうしたらよいか、アドバイスいただきたいです。わたくしが65… [続きを読む]

saramamachacoさん (静岡県/62歳/男性)

このQ&Aの回答

複数のパターンでシュミレーションしてみましょう 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2015/10/23 14:37
豊かな老後の設計のために! 柴田 博壽(税理士) 2015/10/23 16:09
将来に向けて現状を把握する事から始めましょう。 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2015/10/25 12:01

このQ&Aに類似したQ&A

必要な死亡保障額 youmeconさん  2016-05-13 12:41 回答1件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
マンションリノベーションと注文住宅で迷っています 住宅購入検討中さん  2015-09-16 12:10 回答1件