設計と施工の同時契約と重要事項の説明に関して - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設計と施工の同時契約と重要事項の説明に関して

2015/09/30 13:17

横浜の設計事務所です。

建物を建築する時の契約方法としておおまかに二つあります。

1、設計契約と工事契約を別々にする方法
2、設計と工事契約を一緒にする方法

日本ではハウスメーカーなど2番が多いのですが、海外では1番のほうが一般的です。
例外として、気候柄コンクリート住宅が多い沖縄では1番が多いそうです。

2番の場合は今回のように設計と見積がはっきりしていない状態で工事契約を結ぶ事になるデメリットが生じます。
また1番のように設計を設計事務所と直接契約すれば設計者は施主の代理人となりますが、2番のように設計事務所が建築業者の下請けの場合は設計者は建築業者の代理人となる違いも生じます。

工事契約を交わしてしまうと、その解除に関しては契約の約款に則って行われます。
契約の約款は工事業者が作る事が多いので必ずしも施主の利益を反映してるとは言えません。

設計契約をする時は建築士が「重要事項の説明」をする事が義務化されており、そこには契約の解除に関する条項も説明の中に入っているのですが、その説明は受けましたでしょうか。
重要事項の説明は不動産に関しては最近は徹底されていますが、建築ではまだ徹底されていないようで、施主さんも知らない方が多いようです。

契約は重要なもので、そこに書いてある事が最優先になります。
ですので解除事の着手金の返還も約款に則ることになります。通常は、設計が進んでいればその分の手数料がかかる事が多いと思います。

それに納得がいかない場合は、契約の時に錯誤があったかどうかを問う争いになるかと思われます。
そこになると法律の専門家か消費者センターなどに相談するほうが良いでしょう。

<あーす・わーくす http://office-ew.com

設計事務所
見積
契約
工事
設計

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

請負契約解除について

住宅・不動産 新築工事・施工 2015/09/29 19:54

ハウスメーカーと請負契約をしました。頭金100万円支払い済みです。
一棟四件の賃貸住宅で4000万円の予算とつげ、何度も契約してから追加金のないようにと話していて、事業計画書も出来上がりほぼ予算に近い数… [続きを読む]

amedasuさん (埼玉県/55歳/女性)

このQ&Aの回答

請負契約解除について 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2015/10/01 00:51

このQ&Aに類似したQ&A

新築 請負契約解除の件 サーファーボーイさん  2015-07-28 09:37 回答1件
鋼管杭のずれ 博徒さん  2014-11-22 16:05 回答2件
建物ローン契約の際提出する工事請負契約書の件 ラフィキララさん  2015-08-27 21:40 回答1件
新築工事遅延の保証について hazedonさん  2014-11-24 21:11 回答2件
繋ぎ融資実行前の解約 にゃんすけさん  2015-11-25 12:26 回答1件