住宅・お金について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

9 good

住宅・お金について

2015/08/27 14:33

shimaumaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『子どもの教育ややりたいことにしっかり向き合ってやるべきだから、
早まって住宅を買わない方が良いと教えられてきましたが、
そのような考え方で大丈夫でしょうか。』
につきまして、

例えば、ご夫婦とお子さん2人の家族4人の世帯で住宅を購入する場合、
ご夫婦の部屋に加えてお子さん達の部屋の2つということで住宅を購入することになりますので、
3LDKの間取りになってしまいまが、
将来、お子さん達が独立していったときに、
子ども部屋として使っていた部屋は不要になってしまうかも知れません。

また、ご夫婦ふたりでしたら1LDKか2LDKの間取りで済むにもかかわせず、
3LDKの間取りの部屋を住宅ローンを組んで購入してしまうことで、
住宅ローンを組むことで住居費用は割高になってしまいますし、

何よりも、賃貸でしたらライフスタイルに合わせて住みたいところに自由に住めますし、
収入に合わせて、あるいは家族構成に合わせて住み替えも自由に行えますが、

住宅を早くから購入してしまうと、
少なくとも居住することに関しては人生の大半は固定されてしまうことになります。

よって、私もshimaumaさんのご両親と全く同じ考え方でよろしいと考えます。

shimaumaさんの場合、
ご両親から家を含めた財産を将来相続することになりますので、
住宅の購入につきましては、
ご両親の財産を相続した後から、
あるいは、お子さんが独立したあとから、
考えても遅くはありませんし、

shimaumaさんがそのときのライフスタイルに最適な住宅を選べると考えます。

いろいろな考え方がありますが、
ひとつの考え方としてご参考にしていただけますと幸いです。

リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別相談
ライフスタイル
相談
住宅費
住宅ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅・お金について

マネー 家計・ライフプラン 2015/08/27 10:47

36歳夫婦、子供1人(5歳)です。
夫の年収700万、私の個人事業の収入月6万程(変動あり)、子供は生涯1人です。
住まいは賃貸マンション、貯蓄額は900万弱、学資保険や教育資金、老後の貯蓄保険も入っておりま… [続きを読む]

shimaumaさん (神奈川県/36歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入と生活 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2015/08/27 11:06

このQ&Aに類似したQ&A

定年時の貯金 kumikkeさん  2015-09-20 18:31 回答1件
家計診断をお願いします。 kokojjmmさん  2016-03-22 09:43 回答1件
首都圏で相続する土地あり 家を買うべきか kisaさん  2015-07-02 11:44 回答2件
住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件