具体的な項目による式は難しいですが… - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ITコンサルティング

具体的な項目による式は難しいですが…

2007/09/10 07:15
(
5.0
)

お世話になっております。

官公庁の土木関連セクション・公共事業関連の業態(※違いましたら済みません)の方に思えましたので、その積算基準を含んで、またご質問は、掛かるシステム一式を変更し運用する側・とします。

※逆に、納入側の企業の方でしたら、「発注側」の立場に代えてお考え下さい。



まず、計算機の導入と敷設については、納入費・償却法などから、納得性を持つ数字が算出できると思います(やや雑ですが)。

しかし、ソフトの開発・更新に対して、いわゆる「標準積算基準」に相当する算定式は、IT関連について、私はこれまでにちょっと聞いたことがありません(※私が世間知らずかもしれませんが)。

もちろん、導入&運用&開発などのプロジェクトに算定項目を設定しますが、「標準歩掛」に相当する工数が、肝心のIT業界内で各社によって大きく異なっています。

と申しますのは、ソフト開発等について、歩掛の職種として「プロジェクトマネージャ」「システムエンジニア」「プログラマ」などがあり、単位数量も設定しますが、基本的に資材(?)が「''人の能力''」のみで、歩掛に労務単価として適用できる「費用根拠」への共通感もありません。ですので、差分への判断が難しくなります。既設定の固定費を基準にしている見積りであればまだしも、本当に適当に「この仕事だからこれで出せば?」と営業が勝手に決めるケースもあります。

上記の理由で、現実的には「費用根拠について具体性のある項目と数字」が、判断基準になると思います。

●発注する側であれば「費用根拠の提示を求め、詳細を比較・判断する」
●受注の側で、今後の積算シートを作るのであれば「費用根拠を自社なりに細かく設定する」

※営業面・人の能力などについて、(株)VPI荒木様の回答と同見解です。

質問の回答としては具体的な内容を出せませんでしたが、僅かでもお役に立ちますでしょうか。

評価・お礼

wa5 さん

 専門家のかたのお話が聞けて、とてもありがたく思います。費用根拠についてもう少し、深く話してみます。

ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

電算機の積算

法人・ビジネス ITコンサルティング 2007/09/09 10:45

電算機更新の積算に使用できる歩掛や式について、教えてください。特に、ソフトの開発・更新にかかるものがあれば助かります。

wa5さん (東京都/43歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

マッチングサイトのシステム構築と方法についての質問 sakura_flowersさん  2015-04-13 19:54 回答1件
ブリッジSEになるためには ヘブンさん  2009-09-28 17:15 回答2件
請負のシステム構築における追加要件 mtさん  2009-01-31 20:02 回答4件
ASPと自社開発、どちらがよいか? 専門家プロファイルさん  2007-12-13 18:10 回答11件
ショピングサイト導入及びASP選定 たっつんさん  2007-11-28 01:30 回答5件