ローンを考えるポイントです - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

ローンを考えるポイントです

2007/09/09 09:09

トモシロ様 初めまして。 CFP®の吉野充巨です。ご質問にお答えします。

どちらが良いかを決定するには若干情報が少ないので、考え方をお知らせします。
極めて雑駁な比較ですが現在の差は(2.65%−2.15%)0.5%×10年間−(変動金利予測値−2.15)×10年=有利さの比較値。
例えば変動金利が2.65%であれば数式上は0になり、もし3%になった場合は−3.5%です
?変動金利の予測は難しいのですが、過去の住宅金融公庫の基準金利データで推測すると4.5%〜5.5%の範囲になると思われます。また、現状は短期金利と長期金利の差が極めて小さくなっています(昔は長期との差が大きいものでした)
⇒したがって短期金利が上がるケースを避けるために固定期間が長いほど有利といえます。

35年返済を考えていらっしゃいますが繰り上げ返済はどのように考えていらっしゃいますか? 25年位で返済を考えている場合はやはり20年固定は変動期間が短いので、短期金利がかかる期間が短くなりますから有利といえます。

当初優遇期間の長短は如何でしょう。2年、3年、同期間でしたら良いのですが、差が有る場合は考慮する必要が有ります。

?と?の金利以外の部分はどの程度でしょうか?
団信保険料、初期費用(融資手数料+保証料)、そして繰り上げ返済の手数料です。
現在では夫々の手数料が同じ銀行でも変化しています。返済額全体の金額の差に大きく影響しますので、夫々も確認ください。

以上どちらが有利かを判断する主要なポイントです。実際は当該金融機関で変動金利を何パーセントか設定の上、すべての項目を積算するシミュレーションを行って比較ください。
変動金利分は不確実ですから、2.65%、3%、4%、5%で入れてもらえば分かると思います。
ご自分でも有る程度は住宅支援機構のシミュレーションで分かります。試してください
http://www.hownes.com/loan/sim/index.html

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/09/08 23:13

夫婦共々30歳で4歳の子供(女)が1人います。
近いうちに、もう一人とも考えています。
3ヵ月後に住宅ローンを組む予定にしていますが、迷っています。
人生設計を考えた場合、金利情勢も考えてどちらがいいの… [続きを読む]

トモシロさん (長崎県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

ご主人様の収入のみで生活できるかがポイントです。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/09 00:55
住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/09 09:38
住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/09 09:51
リスクを限定することが大切です。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/10 10:58
入居予定はいつですか? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/09 09:08

このQ&Aに類似したQ&A

手取りからの住宅ローン支払い割合 natsuuさん  2013-04-19 10:48 回答1件
変動金利とフラット35Sについて shouka19さん  2012-01-22 15:58 回答3件
住宅ローンの審査について suebbs03さん  2010-06-08 03:25 回答6件
ローン支払い額の適正値と買い替えタイミング Godzillaさん  2008-06-17 10:58 回答1件
住宅ローン控除の適用期間について トミー2532さん  2008-02-27 08:59 回答2件