源泉徴収票不交付の届出書を税務署に提出してください。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

源泉徴収票不交付の届出書を税務署に提出してください。

2015/05/07 15:49

モルスァさん はじめまして
税理士の柴田博壽ともうします。
モルスァさん、お困りのようですね。
ただ、税務署の返答もごもっともなのです。
なぜなら、源泉徴収義務者は、源泉徴収票の交付義務(所得税法226条)
があるのです。しかもそれを怠ると最高で懲役刑(所得税法242条)まである
大変、厳しい規定があります。
とはいえ、それでも現実にモルスァさんは、源泉徴収票を交付してもらえない
状況なのです。
この際、「源泉徴収票不交付の届出書」を所轄の税務署に提出してください。
それによって税務署の方から「源泉徴収票」の交付を促してもらうという方法
に出なければなりません。
国税庁HPに源泉徴収票交付の届出手続きが記載されていて、届出書を
ダウンロードできますので、下記アドレスにアクセスしてください。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm
しかし、短時間に決着し、モルスァさんの保育料が俄かに緩和される保障は
ありません。
もし、それでも源泉徴収票が入手できないときは、ご相談ください。

 ご参考になれば幸いです。
  柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

税務署
源泉徴収票
所得税法
国税庁
源泉徴収

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

今年の4月から子供を保育園に預け始めたのですが、主人は今まで確定申告をしたことがなかったようで保育料が現在最高額で算定されています。
平成26年度の申告が必要と市から言われたので… [続きを読む]

モルスァさん (大阪府/22歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

事業所得、雑所得の見解の相違による問題 777komaruさん  2016-02-05 13:25 回答1件
専従者給与をなかった事にして父の扶養親族に入れたい たかはしあきこさん  2016-01-07 12:38 回答1件
個人事業主は学生でも親の扶養からは外れますか? monkichiさん  2015-11-09 21:07 回答1件
確定申告が必要か否かを教えていただきたいです satoyamaさん  2016-10-17 13:38 回答1件