瓦屋根の補修 - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

瓦屋根の補修

2015/05/08 18:52
(
5.0
)

はじめまして

瓦屋根は年月が経つほど味が出るのと同時に、地震によるズレや経年変化によるスキマなどメンテが必要になってきます。

画像にある茶色い洋風瓦屋根くらいの勾配があれば、ねずみ返しの役割もありますが、青い洋風瓦屋根勾配が一般的だと思います。

屋根の防水は瓦ではなく下地の防水シートが機能するので、基本的に瓦のスキマが雨漏りに繋がるわけではございません。

瓦隙間からねずみが侵入し、屋根裏に入られるということは、野地面に穴があけられたとか軒換気に穴をあけられたなど鼠害を受けていると思いますので、まずは天井裏からの点検をされてみては如何でしょうか。

後日のご質問で「瓦屋根全体を金網でカバーするのは無理ですか?」とございますが、屋根面に足がかりができるとカラスなどが止まり、糞害や葉っぱ溜まりなど衛生的に良くない状況になりますのでお勧めできません。

震災時の瓦の落下防止という意味合いも含め、しっくい補強することも一つだと思いますが、ねずみの侵入路が屋根以外にもないか、外部回りを含め見つけられるといいですね。

ご参考になれば幸いです。


やすらぎ介護福祉設計 斉藤

屋根裏
瓦屋根
防水
雨漏り
地震

評価・お礼

ひとみ2015 さん

2015/05/14 19:55

ご回答ありがとうございます!!
お礼を書けることを知らなかったもので、遅くなり申し訳ありません。

重ねてすみませんが、メンテナンス済みの瓦屋根でも、1センチくらいの隙間があるのは珍しいことではないのでしょうか・・・?

斉藤 進一

2015/05/15 14:47

お忙しい中、ご評価くださりありがとうございました。

メンテナンスされた瓦屋根でも基本的には、水上側を固定し水下側は下の瓦上に被せるように載せる状態になりますので、大きなスキマが出来ることはあまりないと思います。
気にされているスキマは、瓦形状で組み合わせでできたスキマか、固定した角度が上向きになって生じたスキマかもしれません。
築30年を迎える建物ですので、もし外部回りのメンテナンスをされてないようでしたら、一度専門家に診て頂いたほうが安心ですね。

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

瓦屋根の隙間

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2015/04/29 15:59

屋根瓦の下の空間に、ねずみが侵入して困っています。
おそらく軒面戸がかじられて穴が開いてるのだと思うので、ふさいでもらおうかと思っています。
ですが、軒先以外にも、瓦下につながる1センチ以上の隙間がある… [続きを読む]

ひとみ2015さん (東京都/67歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

木造住宅の屋根のリフォームについて pprrさん  2016-04-19 09:01 回答3件
隣家を買っての増改築 dodoさん  2015-10-12 20:50 回答1件
軽量鉄骨の増築について ひなぽんぽんさん  2015-02-23 15:09 回答2件