運用商品およびFPの選び方 - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

運用商品およびFPの選び方

2015/04/14 16:25

datemori様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

ご質問の商品は、仰る通り、投資信託ではなく、変額保険ですね。

運用の中身は、投資信託ですが、保険の衣(ころも)でくるんだような商品性です。

死亡保障と、あとは、高度障害保障が必要な方には、適している場合もあります。

ただし、変額保険は、ライフプランの変化により、短期での減額や解約をしたい時に、控除額が大きくなる場合があります。

また、変額保険の方が、投資信託よりも、一般的にコストは高めです。

実際に、投資信託でいくらの利回りを実現できた場合に、いくら受け取れるのかを試算して、両者を比較してみると良いと思います。

同じ利回りで、かなりの差が出るはずです。

その差を調べると、保険会社の手数料部分も、ある程度まで見えてきます。

税金対策になるという話は、運用期間中に資産配分を見直しても課税されない、満期や解約での受取り時は、一時所得扱いにできるという意味かと思います。

一方、投資信託には、NISA(少額投資非課税制度)という税制優遇があります。

ちなみに、報道では、あまり見かけませんが、保険業法等の一部改正に伴い、今年から、保険専門FPの大半が、「雇用型」に移行することになりました。

日本FP協会のアンケート調査によると、これまで独立自営の「委託型」で保険募集の仕事をしてきたFPの約6割が、影響があった(ある)と回答するほど大きなルール変更です。

今後は、相談するFPさんに、「雇用」か「独立」かを尋ねると、ある程度まで、その立ち位置がわかります。

保険代理店と雇用契約を結んでいれば、少なくとも自分の給料分は、保険の手数料で稼がなければなりません。

もちろん、「雇用」と「独立」のどちらにも、メリット、デメリットはあります。

独立FPの場合は、投資信託や、状況によっては、個人型確定拠出年金など、総合的なアドバイスはしやすいのですが、基本的に、無料相談にはできません。

また、保険商品に関しては、保険専門FPとの協力関係がなければ、複数社の情報が取りにくいです。

ご参考にしてください。

変額保険
アドバイス
選び方
ファイナンシャルプランナー
投資信託

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

アクサ生命のユニットリンクについて

マネー お金と資産の運用 2015/04/14 10:50

閲覧いただきありがとうございます。
30代女性。独身で結婚の予定は今の所ありません。
月1〜2万円で長期の投資信託を始めてみようと思い、FPへ無料相談に行ったところ、アクサ生命のユニット… [続きを読む]

datemoriさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aの回答

あくまでも保険です。非常に問題のある提案ですね 大泉 稔(ファイナンシャルプランナー) 2015/04/14 11:03
なんちゃってFPの無料相談 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2015/04/14 16:13
資産形成はコストが高い変額保険よりも、投資信託の積立で 久保 逸郎(ファイナンシャルプランナー) 2015/04/15 16:10

このQ&Aに類似したQ&A

ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
お金を守り、増やすには? がっちゃん0477さん  2015-11-18 02:38 回答5件
老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件