特定疾患の場合の退職理由 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

安達 浩之

安達 浩之
弁護士

- good

特定疾患の場合の退職理由

2015/03/31 13:00
(
4.0
)

まず、特定理由退職者に当たるか、の点ですが、あなたの場合、「体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退等により離職した等の、正当な理由のある自己都合により離職した者」に当たるものと考えられますので、特定理由退職者に当たるものと考えられます。また、特定理由退職者に当たるか、の判断に当たっては離職票の「退職理由」のほか、診断書などの客観的資料に基づき判断されます。あなたの場合、失業給付を受ける際、窓口で職員と面談する際に、診断書などの資料をお持ちになって経緯について説明なさるとよろしいでしょう。

評価・お礼

chiba さん

2015/03/31 13:49

早速にありがとうございました。ハローワークに確認しましたが特定理由退職者には当らないとのことでした。残念ですが従いたいと思います。

安達 浩之

安達 浩之

2015/03/31 14:24

お役に立てず申し訳ございませんでした。残念です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

特定疾患治療で休職期間満了退職は特定理由離職者になるか

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2015/03/31 00:01

特定疾患の治療に専念するための入退院のため休職をしておりましたがこの3月で期間満了となり24年勤務しました会社を退職しました。退職理由は会社が5.その他欄の休職期間満… [続きを読む]

chibaさん (千葉県/54歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

働くべきか、否か jodyさん  2016-02-10 19:08 回答1件
退職させてもらえない 退職出来ないさん  2015-08-01 12:24 回答1件
契約社員から正社員への登用(口約束) nonokさん  2015-02-10 01:24 回答1件
雇用保険の未加入と、パワハラの補償の範囲 hiyoko1610さん  2011-04-01 16:54 回答1件