ワンちゃんが環境が変わってお留守番ができなくなった時 - 千田 純子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

ワンちゃんが環境が変わってお留守番ができなくなった時

2015/03/27 08:16
(
5.0
)

ペット行動コンサルタントSENDAの千田純子です。

学校という特殊な環境の中でおとなしくしていたワンちゃんでも環境が変わったり、生活が変わると吠えたり、分離不安を起こしたりすることがあります。一般的に学校やシェルター、多頭飼育の中で生活しているワンちゃんの場合は環境への社会化ができていない場合が多いので、環境が変わると分離不安などの問題を起こすことが多い様です。

そのワンちゃんの場合は、目も良く見えていないということなので、匂いや環境が変わったことに不安を感じているよでしょう。できれば、学校で使っていたケージやベッドがあると匂いや感触があると落ち着けるのではないでしょうか?犬の場合は視力よりも嗅覚や聴覚で認知するようなので、そういうものを前の環境と近いものにしてあげる方法もあります。

それも難しい場合は、当方ではバッチフラワーを使っています。環境の変化に適応できない婆は、ウォルナット、飼い主がそばにいないと不安になるのは、チコリーか、レッドチェストナット、社会化のためにはウォーターバイオレット、とにかく緊張しているようならレスキューなどをお勧めしています。

お近くでバッチフラワーのコンサルテーションができる方を探してみてください。

バッチフラワー
分離不安
留守番

評価・お礼

菜津美 さん

2015/03/27 21:34

回答ありがとうございます。
学校でパピーペン内に敷かれていたタオルを
借りて来ていたのですが・・・だめでした。
パッチフラワーができるところがあるか、早速探してみます。

回答専門家

千田 純子
千田 純子
( 千葉県 / 獣医 )
ペット行動コンサルタントSENDA
080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

科学的な理論を基に人と動物が共生できる方法を提案します。

ペットの犬や猫の問題行動の予防や改善のためのコンサルテーションや個人トレーニング、グループトレーニングを行っています。当しつけ教室の卒業生には、老人福祉施設や病院、緩和ケア病棟でセラピー犬として活躍しているワンちゃん達もいます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

アメリカンコッカー8歳お留守番ができません

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2015/03/26 15:02

2週間ほど前から、トリマー専門学校にいた
8歳のアメリカンコッカーを引き取りました。

学校にいた際は騒ぐような事もない大人しいコでいしたが
引き取ってかというもの、サーク… [続きを読む]

菜津美さん (埼玉県/37歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

5歳カニンヘン 突然トイレでオシッコをしなくなった ゆれくるさん  2014-09-02 12:08 回答1件
ワンちゃんのしつけについて bejitoraさん  2015-03-08 16:16 回答1件
犬のウンチの仕方について maamさん  2016-10-06 10:52 回答1件
後住犬が先住犬を舐めまくる キティさんさん  2016-04-22 09:04 回答1件
成犬の分離不安の改善方法を教えてください まりゆきさん  2015-11-02 20:42 回答2件