工事前の家屋調査は工事する側がおこなうものです。 - 岩間 隆司 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

工事前の家屋調査は工事する側がおこなうものです。

2015/03/23 13:50

HIIKO さま
はじめまして
SOCIUS 岩間隆司 と申します。

お隣や近くで何かの工事が行われるさい。
その工事着手に先立ち、工事の影響で不具合が発生しそうな建物など
今回のHIIKO さんのように、あらかじめ調査をしておくことはあります。
工事が完了した後、万が一不具合がみつかった場合、その工事の影響に
よったものだったのか否かを判断できるようにするためです。

たとえば、お隣の方から
‥ここにクラック(ヒビ)が入ったのは、工事のせいでしょ。弁償して!
と、詰め寄られても
‥いえいえ、この写真のように、はじめからクラックはいってましたよ。
と、工事業者さんが、反論できるようにするための資料が家屋調査です。

つまり、工事業者さん自らが、トラブル回避のためにおこなう業務です。
費用が発生するとゆうならば、とうぜん、工事業者さんの負担です。

こういったことをお隣のHIIKOさんから申し出る、ということは、逆に
良心的なことであり、工事業者さんに理解してもらうとよいでしょう。

いかがでしょうか。

家屋調査
建物
資料
工事

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
( 東京都 / 建築家 )
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家置調査

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2015/03/22 13:46

隣の家が売りに出され、全て取り壊し分譲住宅を建設するとのことなので、
工事に伴い建設会社の挨拶があった際に、工事での我が家の被害がないよう、
また問題があった際、工事での被害関係を証明しておくよう、
家置調… [続きを読む]

HIIKOさん (神奈川県/40歳/女性)

このQ&Aの回答

工事に現場打ち杭や巨大な地下 佐山慎英(建築家) 2015/03/24 06:15
隣家工事の際の家屋調査 中舎 重之(建築家) 2015/03/24 09:04

このQ&Aに類似したQ&A

土地購入後の越境問題 マーヤさん  2014-09-30 02:29 回答1件
越境物の覚書 れんここあさん  2016-07-30 12:09 回答1件
契約後、井戸発覚。⇒重要事項説明書に記載なし。 豚カルビさん  2016-02-29 00:57 回答1件
中古住宅の虚偽について パグ丸さん  2015-12-03 12:44 回答2件
貸主に対する成約報酬賃料1ヶ月分は一般的か ピ―子さん  2015-07-15 14:54 回答2件