出捐割合に応じた持分登記で贈与税は課税されません。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出捐割合に応じた持分登記で贈与税は課税されません。

2015/05/09 12:55

ぽんざえもんさん こんにちは
税理士・FPの柴田です。以前にお会いしましたね。
今回は、少し、お待たせしたようです。
さて、ご質問にお答えします。
共有で住宅を取得する際は、各人の支出する金額の比率に応じた持分
登記を行なえば、贈与税の課税の問題は起きませんね。
数字で例を挙げます。まず、購入しようとする住宅が4,500万円だったと
仮定します。ここでお2人の支出する金額がそれぞれ次のとおりとします。
(1)ぽんざえもんさんの支出・・・2,500万円(現金支出※)
(2)ご主人の支出・・・・・・・・・・・2,000万円(住宅ローン利用)
共有登記にあたって、各人の持分は、ぽんざえもんさん5分の3、ご主人
5分の2というように登記します。各人の出捐(しゅつえん=出したお金)
の割合に応じた持分登記しますから、贈与の問題は発生しません。
ここで、現金支出※について説明しますね。
ぽんざえもんさんの生前贈与による資金を想定しています。
親や祖父母から生前贈与は、2,500万円まで非課税扱いとなる規定が
あります。これを「相続税精算課税制度」といいます。申告が必要で、
相続が発生した時点で相続財産に加算して相続税の計算をします。
そこで、ぽんざえもんさんが、将来見込まれる相続財産を少し前にいた
だいて有効に活用をしようとするときに最適な方法というわけです。
さらに親や祖父母から贈与を受ける「住宅を取得するための資金」は、
相続税精算課税制度の2,500万円とは別枠でさらに1,000万円の非課
税枠があるのです。
繰り返しになりますが、これらを少し早めに贈与してもらいぽんざえもん
さんの資金として住宅資金に充て、ご主人のローンを組む資金との割合
で持分登記をする方法があります。
  ご検討なさってはいかがですか。
  よろしければご相談ください。
  柴田博壽税理士事務所 
  e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
  http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

生前贈与
非課税
祖父母
相続税
住宅資金

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン、夫婦間の贈与税

マネー 税金 2015/03/15 20:23

宜しくお願いします。

近々住宅購入の為に、住宅ローンをくむ予定です。
何年か後に私(妻)が相続をうける予定があり、まとまった金額を繰り越し返済したいと考えています。

その際、出来るだけ夫婦間の… [続きを読む]

ぽんざえもんさん (東京都/37歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

親族間の賃貸、家賃収入 TKNNさん  2016-09-17 21:40 回答1件
夫婦間での金銭貸借契約と、贈与について kenji2015さん  2015-08-24 17:36 回答1件
夫婦間の資金移動による相続税について kani55さん  2014-11-19 19:38 回答1件
貸主が所有しない不動産所得について 奈月さん  2015-11-24 00:19 回答1件
住宅取得等資金の贈与税申告について KHSさん  2016-10-03 23:23 回答1件