開業費の必要経費に算入できるか確認しましょう - 小松 和弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

開業費の必要経費に算入できるか確認しましょう

2015/01/28 22:03

どちゃさん、こんにちは。

まず一つ目のご質問として、「個人事業を行う際、ご主人名義の自宅賃貸、車、光熱費等が費用として按分できるか」ということですね。
個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費)となるものがあります。例えば、交際費、地代、家賃、水道光熱費等です。
この家事関連費のうち必要経費になるのは、次の金額です。
1.主たる部分が業務の遂行上必要であり、かつ、業務に必要である部分を明らかに区分することができる場合のその区分できる金額
2.青色申告者で、取引の記録などに基づいて、業務の遂行上直接必要であったことが明らかに区分することができる場合のその区分できる金額
上記1、2のどちらかを満たせれば、今回必要経費として計上が可能です。必要経費になるものとならないものの例が国税庁のURL(下記)に記載がありますので、一度内容をご確認ください。
【必要経費に算入する場合の注意事項】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

併せて、今回のケースが必要経費となるのか、一度お近くの税務署で相談されることをお勧めします。
【税についての相談窓口】
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

2つ目のご質問は「開業日前後にかかった費用は開業費として計上できるか」に関してですね。開業費とは開業前の準備活動に要した費用のことで、接待交際費、ガソリン代、旅費交通費、光熱費、家賃等々が該当します。ただ、開業後に使用するような備品や消耗品費、販売目的の商品の仕入れ等は開業費に該当せず、これらの支出は開業日において「消耗品費」「仕入」勘定で計上仕訳します。併せて、開業前に購入した減価償却資産も開業費にはならず、業務に従事した日から適切な減価償却が必要となります。
因みに、「開業日」とは「個人事業主として事業を開始した日」のことで、具体的には、「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)に記載した「開業日」になります。開業日以後に発生した経費は「開業費」には計上できず、各々の費用で計上することになります。

以上です。どちゃさんのこれからのご活用を祈念しております。

開業届
個人事業主
国税庁
開業
必要経費

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家賃、光熱費の名義

法人・ビジネス 独立開業 2014/12/29 00:56

年明けから、自宅賃貸を事務所にし出張や受注を受けてネイルや美容の仕事をする為に準備をしております。そこで、主人名義の自宅賃貸や車、(ローン有り。出張する為に今年中古の大きな車に買い替え)
光熱費など、… [続きを読む]

どちゃさん (広島県/28歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
個人事業主の開業届と経費について enjmrxsさん  2013-08-05 15:32 回答2件
個人事業主 妻名義にて開設した場合 nsy0805さん  2014-01-12 01:09 回答1件
パートしながら個人サロン開業 チヨコレートさん  2016-07-20 18:02 回答1件
音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件