老後の介護と終の棲家 - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

老後の介護と終の棲家

2014/12/31 00:26

はじめまして

ご両親が離れた場所で暮らされていると、いろいろ心配なことがありますよね。

元気なうちに終の棲家をどうしようかと考えることは素晴らしいことだと思います。
お年寄りの方は住み慣れた場所で老後を暮されることを望む方が大半で、理由として知らない土地には友人が居らず、土地勘もないので引きこもりがちになってしまうからです。

東京都内の福祉施策は全国的から言って進んでいると思いますので、重度の認知症など24時間介護などにならない限りは、在宅介護も可能だと思います。

住宅において、バリアフリー化するか否かという問題も、障がいの種類やADL(日常生活動作)の内容によっては、福祉用具の上手な利用で改修は必要ないケースも多々あります。

大切なのは、お元気なうちに福祉関係を相談できる相手を知っておくことで、住宅においても「かかりつけ医」のような生活スタイルに合わせたアドバイスやサポートをしてくれる建築士とつながっておくことが宜しいかと思います。

元気なお年寄りが一番気をつけなければいけないことは、「住宅内での事故」です。
今まで出来ていたことが出来なくなるのがお年寄りの特徴なので、屋内階段の昇り降りや浴槽への足上げで転倒事故・骨折などにならないようご両親にアドバイスしてあげてください。

老後の蓄えは必需なので、お母様が仰る通り全額返済はせず、一度FPなどに資産運用についてご相談しておくと安心できますね(^^)

ご参考になれば幸いです

やすらぎ介護福祉設計 斉藤

終の棲家
福祉
認知症
バリアフリー
資産運用

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

両親の老後

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2014/12/11 11:12

こんにちは。

両親の老後について悩んでいます。

私は兵庫県在住の40歳です。
実家は東京で両親と犬とで暮らしています。
暮らしている家は持ち家で、15年ほど前に建て直しました。
土地も母親のものです。
父… [続きを読む]

salem1418さん (兵庫県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

一緒に住むことです。 佐山慎英(建築家) 2014/12/11 13:27

このQ&Aに類似したQ&A

子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
現在の資産で私の計画は可能でしょうか。 さかえさん  2013-12-21 21:46 回答1件
夫の借金について たくみんみんぜさん  2015-03-26 19:27 回答2件
親の老後の生活費について kkTKさん  2011-01-26 19:20 回答3件
親子の金銭トラブル相談 ぼす林さん  2015-11-28 17:24 回答3件