相続税の申告の要否は、特例控除前の資産価額で判定します。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の申告の要否は、特例控除前の資産価額で判定します。

2014/12/10 17:55
(
2.0
)

cubさん はじめまして

税理士の柴田博壽と申します。

ご質問にお答えしますが、冒頭のご質問は、俗称「小規模宅地等の特例」の適用の

件と思われます。これは、あくまで、例外として認められるものです。

特例を受けなかった場合、基礎控除額を上回っていたら相続税の申告が必要です。

この適用を受けようとする所定の書類を添付しなければいけないのは勿論ですが、

まず、条件をクリアしているかということが大事なことです。

このような特例の恩恵を受けようとすることも結構大変なことです。

例えば、目的の財産を相続する人が、条件を満たしているかも要件の1つですが、

他の相続人がいる場合、「遺産分割協議」をお整えるておくことも必須となります。

この辺が手当てされていないと税額でかなりの違いが出ます。

申告期限までの期日(相続が開始して10カ月以内)は間もないですか?

単なる財産評価上の問題でしたら、多少多めに概算の計算で申告したうえ、後日

正当な金額による更正の請求書を提出するという手段もあるでしょう。

しかし、特例に関しては、これが通用しません。つまり、「当初の申告において特例

の適用を失念していました。」という言い訳はできません。

一般的に相続税の申告は、少し複雑で、作成する書類も結構あります。

専門家に依頼されることをお勧めします。

    相続税事案に対応させていただいています。

    
    よろしかったら、ご相談ください。

   
     柴田博壽税理士事務所 
   
      e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
 
     http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

小規模宅地
相続税
遺産分割

評価・お礼

cub さん

2014/12/10 22:47

ありがとうございます。
質問の要素は、「基礎控除以下の人であえて申告する人はいるのか?」ということです。
少しずれて聞こえてしまったようです。

柴田 博壽

2014/12/10 23:17

cubさん 
税理士の柴田です。メールありがとうございました。
ご質問では「居住用の土地の減額があったりとかで、ぎりぎり基礎控除以下
となりました」と確かに記述していますね。
特例を使って基礎控除以下となるときは、必ず申告が必要です。
重要なところですから、敢えて記載をしています。
「ずれて」というのは心外でした。

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続税の申告

マネー 税金 2014/12/10 15:50

相続税の申告でお尋ねします。
相続税の計算をしていたら、居住用の土地の減額があったりとかで、
ぎりぎり基礎控除以下となりました(200万から300万の差です)。

この場合、申告不要!という情報しか出てこない… [続きを読む]

cubさん (岩手県/44歳/男性)

このQ&Aの回答

相続税申告が必要です。 和田 安弘(税理士) 2014/12/10 20:12

このQ&Aに類似したQ&A

財産相続の件 セイツウさん  2014-09-12 22:00 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
精算時相続税・住宅借入金など特別控除について 時計さん  2009-08-05 23:25 回答1件
親族間の賃貸、家賃収入 TKNNさん  2016-09-17 21:40 回答1件
義理の息子に振り込んだお金は、相続資産と計上できるか。 ダイダイくーくさん  2016-03-03 10:51 回答1件