契約はお互いの意思の合致により成り立ちます。 - 田島 充 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

契約はお互いの意思の合致により成り立ちます。

2015/10/20 10:08

契約は基本的にお互いの意思の合致により口頭でも書面でも成り立ちます。賃貸借契約に関してもそれは同じです。
 ですので,契約の成立という観点からいえば,当初の内容でオーナーが納得していたのならば契約は成立していたはずです。
 しかし契約書や判子はその意思を書面にあわらすことで証拠として機能しますので,相手方が判子を押していないということになれば,契約の成立を立証することは難しくなります。
 また,どちらか一方または両者が判子を押した後であっても両者の了解があれば,新しく契約が締結されることになんら問題はありません。
 しかし今回の場合は,契約の内容の変更を直接の契約の相手方ではない不動産会社から申し込まれたということと,その変更の内容に依頼者様本人が納得しているのかどうかという点に問題があります。
 オーナーは敷金を礼金に変えてくれるなら契約を結びましょうと言っているととらえられ,これはオーナーからの新たな申し込みとみなされますので,依頼者様がその申し込みを納得すれば新たに契約成立となります。
 ちなみに,不動産会社は仲介会社として両者に対して説明の義務がありますので,今回のように急に契約の内容が変更され,かつその内容が依頼者様にとってのみ不利なものであり,そのうえ引っ越しを間近に控えある程度その契約の変更を受入れざるを得ない状況になってしまっているということから,不動産会社に対して何かしらの責任を追求できる余地はあるかもしれません。
 依頼者様が質問を投稿した日からずいぶんと日が経ってしまっていることから,もしかしたら事態はおさまっているかもしれませんので恐縮ですが,賃貸借契約のトラブルは非常に身近に起こりうるものなので,依頼者様にとって今後のひとつの参考にでもなれば幸いです。

賃貸借契約
契約
契約書
トラブル
不動産会社

回答専門家

田島 充
田島 充
( 京都府 / 行政書士 )
行政書士四条烏丸法務事務所 所長
075-741-8178
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

京都の頼れる行政書士

元公務員としての経験を活かし、法と行政サービスを織り交ぜ、お客様それぞれに合った柔軟な対応をお約束致します。複雑困難を要する案件は勿論、身近なお困り事に至るまで、全力でサポート致します。是非、初回の無料相談で当事務所の雰囲気を感じて下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約後の変更

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2014/11/23 12:07

契約書に納得して判を押した後に、「オーナーから敷金を礼金に変えて欲しい言われた」と不動産会社から連絡がありました。契約書を提出して1週間後に言われました。引越しは1週間後に控えています。「オーナーが判を押してないので、契約はまだ成り立っていない」とのことです。判を押したあとの変更は有り得るものですか?

1234567890さん (栃木県/44歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

契約後、井戸発覚。⇒重要事項説明書に記載なし。 豚カルビさん  2016-02-29 00:57 回答1件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
費用について たれそらさん  2015-06-02 12:22 回答1件
キャンセル時の仲介手数料の支払いについて にんにん忍者さん  2015-02-28 09:11 回答1件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件