外壁材:ガルバリウムの選択 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

中舎 重之

中舎 重之
建築家

1 good

外壁材:ガルバリウムの選択

2014/11/15 18:09
(
5.0
)

外壁材の回答します。スーパーバリアカラーGLのメーカーが、淀川製鋼です。
ヨドコウと言えば屋根材と短路的にイメージします。
外壁材もヨドスパンとして取り扱いしています。
但し、2001年の商品化には、当方は推薦出来かねます。
建築資材は、10年を経過してから欠陥が現れる事が理由です。

耐磨カラーGLのメーカーは、日鉄住金鋼板です。
こちらは、建材メーカーとして実績があります。
特に海岸地域での20年の金属錆に耐えている実例は見事です。
多分、工業地域での工場排気による悪影響にも耐えると思われます。

外壁に2社の製品を使うのは、厳に謹むべき事項です。
接触面において、強い材料が弱い材料を腐食させるのは、自明の理です。

以上です。  2014.11.15  中舎重之

腐食
金属錆
ガルバリウム
海岸
欠陥

評価・お礼

turibaka さん

2014/11/15 18:24

お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。
耐磨カラーの方が実績もあり、おすすめということですね。
素人の考えで2製品を外壁で使用してもよいのでは?と考えていました。
その部分を含めて再検討いたします。
大変わかりやすくご説明いただきありがとうございました。

中舎 重之

中舎 重之

2014/11/15 20:31

ガルバリウム鋼板とは、鉄板の表層に様々な皮膜を施して、金属の錆を防ぐ事です。
鋼板の金属成分が異なれば、強い材料と弱い材料が出来ます。
同じメーカーの物なら金属成分は同じであり、カラーの違いだけですので問題は起きません。
建築の耐用年数を30年とする、14~15年で問題が発生すると、
外壁の全てが貼り替えになります。
これが、鉄板の材料の宿命です。

ガルバリウム鋼板を仕様する目的が、メンテナンスフリーにあるのならば、
15年で貼り替えは、あっては成らない選択だと思います。
当方は設計歴50年の経験から、2社の製品を同一面で仕様する事は、
到底 甘受出来ない行動に見えます。

2014.11.14  中舎重之

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新築の外壁素材について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2014/11/15 16:23

現在、青森県で新築にて高気密高断熱の住宅を建設中です。
外壁及び屋根素材についてお聞きします。
スーパーバリアカラーGL、耐磨カラーGLから選ぶところです。
ネットでそれぞれのHPから情報を集… [続きを読む]

turibakaさん (青森県/42歳/男性)

このQ&Aの回答

劣化しないものはありません。 佐山慎英(建築家) 2014/11/16 04:37

このQ&Aに類似したQ&A

設計契約の解除について iwaniwanさん  2014-12-10 23:54 回答5件
北道路、南北に短い土地の購入について。 ねこねこねここさん  2016-09-15 03:33 回答1件
断熱材の選択 Dutraさん  2016-09-12 23:30 回答1件
【至急/困っています】擁壁の安全性について hiro0921さん  2015-05-15 12:38 回答1件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件