米ドルに換えてグローバルに展開する金融機関に預けては如何 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

米ドルに換えてグローバルに展開する金融機関に預けては如何

2014/10/30 15:18

あしきっつぁん様

ご質問をありがとうございます。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

各国の通貨の強みと弱みを考えますと、米ドル、円、人民元の順になります。米ドルは、世界各国の銀行で手数料が安く交換できる通貨です。また、今後数年間はグローバルな景気をけん引すると思われる米国の通貨ですので、為替の強い通貨となります。円はその安定度から円高に振れる可能性もありますが、海外での展開が限られ、交換手数料が高く設定されます。ただし、日本に帰ることを前提に考えるのであれば、円で日本の銀行に預けるのが事前と考えます。人民元は、まだまだ国際的な通貨とは言えず、管理下に置かれた通貨ですので、中国で使い切るのでなければ対象から外すことをお考えください。

銀行は、台湾に始点がある場合には、FSBが世界で「大きくてつぶせない銀行」(WEBで引けば解ります)として管理している銀行・金融機関に預けるのが安心です。シティバンクもその1行ですが、日本からリテール部門は撤退するので他行にされては如何でしょう。

または、台湾で口座が取得できる米国のネット専用証券も候補の一つかと考えます。私が口座を取得して、取引している証券会社活用の仕組みを図でお知らせします。(ロングステイヤーにお知らせしています)
以上参考になれば幸いです。

詳細が必要であれば、このサイトのメール問い合わせをご利用ください。

メール
問い合わせ
ロングステイ
為替

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

この度5年間の台湾勤務を終え、上海に転勤することとなりました。そこで、台湾の銀行に保有する台湾元の貯金をどうするべきかで悩んでおります。

1 台湾で日本円… [続きを読む]

あしきっつぁんさん (大阪府/33歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

マンションリノベーションと注文住宅で迷っています 住宅購入検討中さん  2015-09-16 12:10 回答1件
奨学金 繰り上げ返済すべきか シャピクワさん  2016-03-12 02:27 回答2件
子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
40代半ば夫婦、子供2人の場合の今後について まくさん  2014-12-10 14:16 回答2件
家計相談お願いします。 iku19さん  2016-08-26 13:34 回答1件