土地の親子売買に関して - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

野口 豊一 専門家

野口 豊一
ファイナンシャルプランナー

- good

土地の親子売買に関して

2014/10/27 17:58

 不動産コンサルタント、 FP 野口です。

ぷうち様の父上が所有の土地の場所、状態が判りませんから、決定的な事は言えませんが、概要は、次の通りです。

 1、「固定資産税は無い」と言うことは、土地が所在する市町村が課税を見落としているか、土地の評価が、課税対象外=固定資産評価額が、「30万円未満」である場合、公共的な山林(保安林など)であれば、課税がありません。
 多分、評価額が、30万未満と思います。10数年前に100万円で購入した時の、固定資産評価額が判れば、状況が判ります。

 2、父上から、ぷうち様に贈与により所有権を変更(登記)されても、同一年にその他の贈与を含めて、年間110万円(=贈与税の基礎控除)以下であれば、贈与税(申告は必要)は発生しません。

 3、父上も特に問題は、発生しません。

但し、現在地目が「山林」でも、すぐ隣接地まで、住宅が建設出来る道路、インフラ等が整備されていると、課税が発生する事もあります。課税判断は、1月1日の状態で判断され、その年の4月1日に公開されます。
まず、次の点をご確認されるよう進言いたします。

 (1)所在地の市町村の固定資産税課に、「該当土地の番地」の評価証明書を郵送にて送付を願う事です。手続きは、市町村のHPにあります。

 (2)前項により、なお不明や、疑問がある場合は、現地の状態を自身で確認されるようお勧めします。その上で、専門家にご相談されるよう。

場所によっては、今後も活用のめどがない場合は、管理費ばかり支出が発生し維持が大変でしょう。
父上様が処分されるのも、一案でしょう。

基礎控除
贈与税
評価
固定資産税

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産投資、マンション経営、FPの観点からコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

親子での土地売買について。

住宅・不動産 不動産売買 2014/10/27 11:50

はじめまして。自分に全く知識がなく、相談させていただきます。
父(75歳)が住民票がある現住所外の市町村に100坪の土地を所有しています。数十年前に100万ほどで買った土地で、現在は登記簿上は山林… [続きを読む]

ぷうちさん (神奈川県/45歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

親所有マンションの買取について 51630048さん  2016-10-30 11:44 回答1件
不動産の売買・贈与に関わる名義変更について hitosさん  2008-06-08 16:52 回答1件
不動産の個人売買における適正価格 漢委奴国王さん  2012-06-24 01:38 回答1件
投資用マンションの売却 nordicsさん  2016-11-18 21:22 回答2件
使用していない一戸建てについて ze6さん  2016-01-25 23:53 回答1件