視線の先までの距離とその先の抜け - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

伊藤 一郎

伊藤 一郎
建築家

- good

視線の先までの距離とその先の抜け

2014/10/15 10:30

はじめまして。東京で設計事務所をしております伊藤と申します。
ご質問拝見しました。

「広さ」の感じ方ということですが、
一つ言えるのは、部屋に入った時に視線の向こう側の壁までの距離が長い方が、広さというものを感じられるのではないかと思います。
四角い部屋であれば、対角線の距離を感じられる入り方が、最も広く感じると思います。

ただ、「広がり」という感覚的な話になりますと、
距離とか面積といった数値で表せる事柄のほかに、開口部の取り方であるとか、抜けであるとか、様々な要素が影響してくるのではないかと思います。
つまり、視線の向かう先が壁であるよりも、その先が次の部屋につながっていたり、あるいはそこに大きな窓が開いていれば視線が抜けて解放感を感じられるでしょうし、
窓の外にテラスなど外部空間が広がっていればさらなる解放感が、
テラスと部屋を素材を合わせて一体感を持たせればさらに…というふうに、
その辺りが「設え」というものを考える、まさに設計という部分になってくるのだと思います。

ご質問は部屋に入った時の広さの感じ方についてですが、その部屋が長く留まるような居室であれば、入った瞬間よりその部屋の中における「居場所」からの視界を検討して居心地を良くすることも重要になって参ります。

間取りを考える上では、住まい全体の部屋と部屋のつながり方をよく考えることで、機能的で住みやすい住まいになりますから、その中で入口のつけ方というものは限られてくることも多くなります。
部屋の真ん中に扉をつけるということは、そこまで行く為に廊下が長くなってしまう事もあったり、その面の壁に収納を造ろうと思えばその収納は狭いものになるか二つに分かれてしまうということもあります。
間取りによって無理のない位置に入口を設け、その上で出来るだけ広がりを感じられる「設え」をお考えいただくのがよろしいかと思います。

ご質問に対する回答としては少々ずれたものになってしまったかもしれませんが、ご参考になればと思います。

広さ
つながり
視線
解放感
居心地

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

広さの感じ方について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2014/10/13 13:50

現在、家の間取りを色々と考えています。
長方形の部屋に入る時、室内が最も広く感じるのはどの位置から入った方が良いのでしょうか。
私的には面積が広い側の真ん中から入った方が、入った時に左右両方に広… [続きを読む]

mayoibito!さん (石川県/33歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

新築間取りでアドバイス下さい!わ あいらぶゆーさん  2015-03-25 05:47 回答3件
北道路、南北に短い土地の購入について。 ねこねこねここさん  2016-09-15 03:33 回答1件
間取りについて yumieruさん  2015-04-23 23:22 回答3件
2×4 3階建の家に増築したが・・・・ himarinさん  2016-04-28 13:02 回答2件
子供部屋の仕切り yumieruさん  2015-06-03 13:52 回答3件