推察となりますが - 増田 国充 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

推察となりますが

2014/10/03 11:15

獣医師の増田と申します。

ご質問文で判断できる範囲での回答となりますことをあらかじめご承知ください。
頸椎の椎間板ヘルニアとご指摘を受けたとのことですが、おそらくその可能性があるかもしれません。仮にこの疾患に対して確定診断をする際には、より高度な画像診断(たとえばMRIなど)が有用となります。
また、過去に体重過多があったようですので、それによる関節の負荷などの関連も否定できません。治療開始当初は痛み止めにも十分な改善があったところ、最近はどこか痛い様子が続いているようですので、進行性の病変あるいは慢性的な病変などを考慮していく必要がありそうです。

あくまで個人的見解ですが、頸椎の椎間板ヘルニアは比較的柴犬によく見られるように思います。仮にこの疾患でなかった場合にも、レントゲンでは判断しにくいような問題が発見されることもありますので、できればより精密的な検査を受けられることをご検討いただくとよいかもしれません。

ある程度原因がはっきりしてきますと、その問題に対する適切な解決策が見えてくるかと思います。

ご心配のことと心中お察しいたします。快方に向かわれますことをお祈り申し上げます。

画像
痛み
診断

回答専門家

増田 国充
増田 国充
( 静岡県 / 獣医 )
ますだ動物クリニック 院長

西洋医療・東洋医療の両方の視点で獣医療に取り組みます

静岡県で動物病院を開業しております。当院では漢方や鍼灸をはじめとした東洋医療を獣医療に取り入れ、現在県内外からご来院いただいております。鍼灸や漢方に関するご相談やメディカルアロマテラピーなどにも力を入れております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

柴犬

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2014/10/02 12:26

半年前より8歳になるうちの柴犬が抱っこをするとキャンと鳴き痛がるようになりました。病院でレントゲンを撮ったところ、首の付け根あたりのヘルニアでした。その時に肥満が原因で心臓肥大もしていると言われダイエットし、3キ… [続きを読む]

愛子さん (東京都/24歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:柴犬 苅谷 和廣(獣医) 2014/10/13 10:42

このQ&Aに類似したQ&A

下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
犬の前庭疾患 nikusanさん  2014-12-29 00:13 回答1件
たんぱく漏出性腸症に関してまして ハイジママさん  2015-07-27 10:52 回答1件
犬の肝臓機能を助ける処置はありますか? NaoSさん  2015-03-09 09:52 回答1件
愛犬の病気について pero32さん  2014-10-25 12:10 回答1件