相続不動産の売却 - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
野口 豊一 専門家

野口 豊一
ファイナンシャルプランナー

2 good

相続不動産の売却

2014/09/16 16:24
(
4.0
)

不動産コンサルタント & FP の野口です。

donkey様のご両親と叔母夫妻の4人共同所有(均等所有)の土地を、亡父上様の所有分を相続を母上が全て所有され、母上様一人所有とし、その上当該土地を売却すると解釈しますが、よろしいでしょうか。
そうであれば、叔母ご夫妻の所有分が、4分の2ありますが、これは相続には該当しませんね。法定相続関係からすれば、父上分の相続すべき相続人は、母上と子供(donkey様他に御兄弟がおらればその人)が法定相続人になり、叔母ご夫妻は相続に該当しません。叔母ご夫妻の所有分4分の2は、叔母ご夫妻から、母上様に贈与と言う形になります。
 贈与税は、対称額1,600万とすると(売却に要する費用登記費用等を差引)、1,600万50% 控除110万 税率30% 控除65万 =142万です。
 詳しくは、こちらをご参考に-- http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
相続放棄相続移転に要する費用が、登記に要する費用が、20万~25万くらいかかるでしょう。
土地の筆数や不動産課税評価額、司法書士の手数料により変動します。

その他、母上様には、譲渡所得税(長期譲渡)の対称になるでしょう。
取得費が、多分5%となるでしょうから、地方税と合わせて20%の税率です。313万の納税必要でしょう。
 詳しくは、こちらをご参考に-- http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_2.htm

 従って、1,650万-売却費用50万-贈与税142万-譲渡税313万=1,145万が母上の手取りに額になるでしょう。

これらは、飽くまで一般的な土地(宅地)を前提としたものです。居住用の土地や農地などであれば、別の計算が必要です。詳しくは、税理士、司法書士にご相談されることをお勧めいたします。

譲渡
コンサルタント
相続放棄

評価・お礼

donkey さん

2014/09/20 11:57

早速のご返答、ありがとうございました。
具体的でわかりやすく、また参考のURLも付けていただき助かりました。
これで母に説明ができます。
誠にありがとうございました。

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産投資、マンション経営、FPの観点からコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地売却した際、手元に残る代金

住宅・不動産 不動産売買 2014/09/16 12:17

初めて質問させていただきます。
両親と叔母夫妻(母の妹夫妻)4人の共同名義の土地を1650万円で売却することに決まりました。仲介業者は無く、買主と直接交渉でまとまりました。但し、父親が20年以… [続きを読む]

donkeyさん (神奈川県/55歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

親所有マンションの買取について 51630048さん  2016-10-30 11:44 回答1件
使用していない一戸建てについて ze6さん  2016-01-25 23:53 回答1件
投資マンション所有。自宅購入について けーしけさん  2014-12-08 02:08 回答2件
フラット35の契約 類さん  2016-11-29 08:52 回答1件
海外在住 非居住者として日本に不動産購入 いえさがしさん  2016-08-29 14:04 回答1件