まずは、「投資プラン」をしっかりと作りましょう! - 荒川 雄一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

- good

まずは、「投資プラン」をしっかりと作りましょう!

2014/08/23 12:13

はじめまして、porrokkaさん。
国際フィナンシャルコンサルタントの荒川 雄一です。

さて、ご質問拝見しました。
しっかりと将来を見据えて、老後の資金準備をされていると思います。
計画的に資金手当てをされていますので、貯蓄されている資金については、大きな「リスク」をとって運用を行う必要はないと思われます。

ただ、今後考えなければならないのは、インフレリスク(物価上昇)による生活への影響です。
国の政策を見る限り、今後、物価上昇、そして金利も上昇していくことを考えると、銀行預金などの固定金利だけでは、実質的に「元本」が目減りしていく可能性もあります。
従って、お持ちの資産で、しっかりと「ポートフォリオ」を考えた上で、ご資金の20-30%程度は、投資へまわされてもよいと思います。

今後、取り組まれたほうがよいと思うこととしては、
1. 今年から始まった少額投資非課税制度(NISA)の活用
2. 投資信託を用いた積立投資(ドルコスト平均法)
3. 将来の円安に備えて、一部外貨資産の保有
4.  会社の制度にもよりますが、401Kの活用
などが考えられます。

お薦めとしては、複数の投資アドバイザー、資産運用専門のFP、投資顧問会社などで、ご自分に合わせたプランを作ってもらったうえで、今後10-15年間、計画的な運用をされるとよいと思います。

私の会社でも、初回無料のコンサルティング(電話相談可)を行っていますので、宜しければご活用ください↓
https://www.ifa-japan.co.jp/mailform/form3.cgi?type=form_mail3

今までも計画的に資金を貯められてきたと推察いたします。
投資においても、まずは「はじめが肝心」ですので、いきなり薦められた金融商品へ投資を行うのではなく、しっかりと「プラン構築」することをお勧め致します。

ご参考としてください。

ドルコスト平均法
少額投資非課税制度
投資アドバイザー
投資信託
ポートフォリオ

回答専門家

荒川 雄一
荒川 雄一
( 東京都 / 投資アドバイザー )
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後に向けての資産運用について

マネー お金と資産の運用 2014/08/17 13:17

夫51歳妻45歳の老後の資産運用について質問させてください。

現在現金での貯蓄が1500万円あり、老後の保険、年金、財形等で3500万円は60歳以降で入ってくることが確定しています。子供の教育費は… [続きを読む]

porrokkaさん (愛知県/45歳/女性)

このQ&Aの回答

ライフプラン作成とリスク・リターンを測った資産配分勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2014/08/17 16:37
資産設計にはプロセスがあります 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2014/08/18 20:59
老後に向けての資産運用について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2014/08/21 09:28

このQ&Aに類似したQ&A

老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件
ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
リスクのない資金の運用先(JA共済など) モモンガ2618さん  2016-02-07 19:20 回答1件
アクサ生命のユニットリンクについて datemoriさん  2015-04-14 10:50 回答4件