老後に向けての資産運用について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

7 good

老後に向けての資産運用について

2014/08/21 09:28

porrokkaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『リスクを考えるとこのまま定期預金で貯めていけば良いのでは?と考える一方で、
後定年まで10年、15年かけて投資信託、401kなどで貯めていっても良いのでは?と考えています。』
につきまして、

porrokkaさんが考えている資産運用は老後資金を確保することとなりますので、
老後資金として、どれくらい必要となるのかということと、
今後、見込むことが出来る収入を見積もってみる必要があります。

老後資金として必要となる金額を算出する場合、
・基本生活費
・旅行、住まいなどのライフイベント資金
などにつきまして、時系列に紙に書き出してみると分かり易いと思います。

また、収入としては年金は勿論のこと、今後見込むことが出来るパート収入、毎月の積み立てなど、
収入金額や積み立て金額と見込むことが出来る期間の合計額を算出してください。

さらに保有している金融資産も収入に加えたうえで、
老後資金として必要となる金額との差額がプラスということでしたら申し分ないのですが、

もし、マイナスということでしたら、
マイナスとなる金額相当額につきまして、
資金対策を行っていくことが必要となりますので、
まず、今後今後出ていくお金の総額と、見込むことが出来る収入や金融資産につきまして、
整理することが先決となります。

尚、老後資金に不足が発生したとしても、
無理に投資信託や401kなどのリスク商品で運用しなくても、
将来予定しているライフイベントを見直すことで、
解決出来てしまうかも知れません。

また、リスク商品で運用を考える場合でも、
高い配当金を出す株式であれば、
保有しているだけでもある程度の運用利回りを確保することが出来ますので、
porrokkaさんに最適な資産運用の仕方をご検討ください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住まい
定期預金
配当
資産運用
投資信託

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後に向けての資産運用について

マネー お金と資産の運用 2014/08/17 13:17

夫51歳妻45歳の老後の資産運用について質問させてください。

現在現金での貯蓄が1500万円あり、老後の保険、年金、財形等で3500万円は60歳以降で入ってくることが確定しています。子供の教育費は… [続きを読む]

porrokkaさん (愛知県/45歳/女性)

このQ&Aの回答

ライフプラン作成とリスク・リターンを測った資産配分勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2014/08/17 16:37
資産設計にはプロセスがあります 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2014/08/18 20:59
まずは、「投資プラン」をしっかりと作りましょう! 荒川 雄一(投資アドバイザー) 2014/08/23 12:13

このQ&Aに類似したQ&A

老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件
ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
リスクのない資金の運用先(JA共済など) モモンガ2618さん  2016-02-07 19:20 回答1件
アクサ生命のユニットリンクについて datemoriさん  2015-04-14 10:50 回答4件