ご相談について。 - 小林 政浩 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご相談について。

2014/06/23 10:09

タカナ様、初めまして。

北海道、旭川市で行政書士をしている小林と申します。

すでにご承知の通り、遺留分減殺請求権については、短い消滅時効が決められています。

相続開始及び遺留分を侵害している遺贈・贈与があることを知ったときから1年を過ぎたら「減殺請求」ができない事になります。

減殺請求するのであれば、すべての相続財産について明らかにする必要もありますし、遺言書があるのであれば遺言書の内容も確認すべきと思います。

相続人が、被相続人の子供2人と子供2人の代襲者である今回の場合、娘さんの遺留分はすべての相続財産の8分の1です。

土地の上にある建物は現在誰の名義になっていますか?
相談者さんやお子さんの名義になっているのでしょうか?

土地の評価額と、土地の上にある建物の評価額、交換を提示されている弟さんのマンションの評価額なども確認しないと検討のしようがないと思います。

遺留分の請求時効期間が満了する前にいろいろ確認して行動すべきと思います。

旭川
相談
行政書士
遺言書
相続

回答専門家

小林 政浩
小林 政浩
( 北海道 / 行政書士 )
小林行政書士事務所
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

代襲相続と親子間の土地無償使用について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2014/06/21 16:42

親の土地に息子である主人が家を建て両親、私達夫婦、娘の5人で住んでいました。その後主人が病死し、義母が亡くなり、先日義父も亡くなりました。
そこで、遺言により弟が土地を取得した… [続きを読む]

タカナさん (神奈川県/65歳/女性)

このQ&Aの回答

家屋の登記について 和田 安弘(税理士) 2014/06/21 22:09

このQ&Aに類似したQ&A

特別受益分と寄与分について manmamiaさん  2014-04-13 21:07 回答1件
父死亡後、引き続き母が死亡した場合の相続と登記について ゆみこ88さん  2011-05-29 12:35 回答1件
私自身が亡くなった際の相続について pokeさん  2015-09-02 21:38 回答3件
相続放棄の土地について catxxxさん  2015-10-31 09:48 回答1件
遠方での遺産相続について mame1103さん  2014-09-18 10:33 回答1件