契約書にかわるもの - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
和田 安弘

和田 安弘
税理士

- good

契約書にかわるもの

2014/06/21 04:23
(
5.0
)

税理士の和田と申します。
自宅の売却損が計算できるのであれば、同じ譲渡所得内ですので、売却益と通算は出来ます。アパートの土地取得の際の契約書が無いということでしたが、それに代わるものとして取得時の取得価額がわかるものがあれば、認められる場合もあります。

補足

今年、自宅を売却して売却損が出るのであれば、通算が可能です。

評価・お礼

hinanina さん

2014/06/21 14:47

ご親切にありがとうございました。
現在の自宅は15年前に住み替えたので(バブルの終わり頃)高額に付き売却損が
かなり出る予定です。
ただ今年中に売れるか心配です。
もし今年中に売却できない場合は相殺できないのですよね?!

和田 安弘

和田 安弘

2014/06/21 22:13

今年中でないと、今年の売却益と損益通算はできません。引き渡しは遅れても、契約書を交わし、手付け金の受取りが可能であれば、今年の譲渡ということは可能です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不動産の売却

マネー 税金 2014/06/20 22:44

6年前に父からアパートの土地と建物2分の1を相続しました。
当時相続税をかなり納めましたが母がアパートの建物2分の1を共有で持っていたため3年以内の売却をして税の優遇を受けることができませんでした。
(少… [続きを読む]

hinaninaさん (東京都/59歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

財産相続の件 セイツウさん  2014-09-12 22:00 回答1件
貸主が所有しない不動産所得について 奈月さん  2015-11-24 00:19 回答1件
義理の息子に振り込んだお金は、相続資産と計上できるか。 ダイダイくーくさん  2016-03-03 10:51 回答1件
(相続税)土地の評価 「貸宅地」「貸家建付地」 melemakaniさん  2014-06-11 16:01 回答1件
生前贈与をした不動産の税金申告について悩んでいます rainbowcolorさん  2013-03-04 14:23 回答1件