住宅購入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入について

2014/06/10 10:02

pariskiraraさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『住まいは郊外ですが、今後土地価格は上がるのか?』
につきまして、

今後の土地の価格は、住んでいる場所により値上がりする地域もあれば、
あまり値上がりは期待できまい地域のあると思われますので、
不動産のチラシなどを参考に土地価格の推移を確認していけばよろしいと考えます。

ただ、東京オリンピックが開催されるまでの間は、
全体的には強含みで推移していくものと思われます。


『50歳まで社宅に住めるので、住んだ方が良いのか?』
につきまして、

通常、支払い家賃にしても、あるいは住宅ローンにしても、
毎月の支払いとして10万円程度はかかってしまいますので、
毎月一万円未満で済む社宅は住居費用の面からは、
圧倒的に有利といえます。

ですから、居住できるうちは出来るだけ社宅をおすすめします。
その間にしっかりと貯金をして、
これからかかるようになるお子様方の教育資金に備えるようにしていってください。

特に、pariskiraraさんの場合、
お子様方が低学年や幼稚園ということもあり、
本格的に教育資金負担が増加するのは、
今から10年以降と社宅に住めなくなる時期からとなりますので、
今のうちにしっかりと貯金が出来るかどうかがとても重要となります。


『いくらぐらい家にお金を使って良いのか?』
につきまして、

不動産の価格面からは、用意できる頭金の額や住宅ローンの金利により、
大きく異なってしまうので提示は出来ませんが、
手取り月収金額の28%ほどに収まるように、
住宅ローンを組むようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

ファイナンシャルプランナー
住宅購入
教育資金
住宅ローン
貯金

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入について

住宅・不動産 不動産売買 2014/06/06 22:52

住宅購入について迷っています。夫40歳貯金額1700万。現在社宅住まいで家賃一万未満です。年間220万の貯金が出来ています。子供は小学校低学年と幼稚園の子二人です。 子供二人は大学まで出してやりたいです。妻は… [続きを読む]

pariskiraraさん (神奈川県/40歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

新築建売を売却したい ぷーーうちゃんさん  2015-06-03 08:42 回答2件
マンション購入 amaguridaisukiさん  2014-06-11 16:25 回答1件
一生住まない家を建てるか、それとも賃貸で暮らすか かぷりこさん  2013-01-16 11:29 回答1件
マンション買い替え でじこ222さん  2016-08-04 00:14 回答1件
住宅ローン 幸せさん  2015-04-23 11:35 回答1件