Re:10歳のM.シュナウザーです。自分から食べません。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

Re:10歳のM.シュナウザーです。自分から食べません。

2014/06/03 15:13

嘔吐、食欲不振、体重減少というのは、比較的様々な病気で共通して見られる症状のため、症状から原因を推測することはとても困難です。

例えば消化器疾患、腫瘍性疾患、内臓疾患、血液疾患、内分泌疾患、神経疾患などが挙げられます。

胃炎、腸炎、膵炎といった消化器疾患でも、重症化や慢性化すれば体重減少までも見られます。

胃癌や腸腺癌、または消化器を圧迫するような腹腔内腫瘍がある場合、肝不全や腎不全などの内臓疾患、貧血やリンパ腫などの血液系の疾患、糖尿病、さらに脳腫瘍などでも嘔吐はよくみられます。

これらの病気を鑑別するためには、全般的な血液検査、尿検査、レントゲン検査、超音波検査が必要になりますし、状況次第ではさらに内視鏡まで行います。

ご質問のシュナウザーは、流動食を無理矢理食べさせている、食べてもすぐに吐いてしまう、体重減少が重度に見られることを考えると、状態は良くないように思われます。

また、対症療法への反応があまり見られないようですので、体力的に許す限りの検査を行って、原因の特定を試みたほうが良いかと思われます。

血液検査や尿検査、レントゲン検査、超音波検査までなら鎮静や麻酔の必要なく行えますし、そこまでの検査で原因が特定できることも良くあります。

対症療法のみで改善がないまま様子を見ていると、消耗が進み、原因がわかってももう治療が行えなくなってしまう可能性もあります。なるべく早めにかかりつけの獣医師にご相談なさることをおすすめします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

10歳のM.シュナウザーです。自分から食べません。

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2014/05/28 01:30

1ヶ月前ほどに、ドッグフードを残すようになりました。好き嫌いしているだけだと思っていましたが、だんだんと食べる量が減って今では流動食を無理矢理食べさせている状態です。しか… [続きを読む]

/高橋/さん (大阪府/24歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

たんぱく漏出性腸症に関してまして ハイジママさん  2015-07-27 10:52 回答1件
食べないことによる脂肪肝 サクラ0815さん  2015-07-23 13:18 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
犬の肝臓機能を助ける処置はありますか? NaoSさん  2015-03-09 09:52 回答1件
甲状腺機能亢進症の治療方。 ちゃんあいさん  2015-01-04 19:50 回答1件