広範囲に判断される必要があります。 - 中山 秀樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

広範囲に判断される必要があります。

2014/04/27 10:47
(
5.0
)

おはようございます。
せっかくのお気に入りの物件が雨漏りしているのはちょっと心配ですね。
まず、ご質問へのご回答の前にご確認いただきたいことがございます。
雨水の浸入経路は特定できているようですが、他の窓には同様のクラックは
ありませんでしょうか。
室内の天井や壁に雨シミがなくても天井内、壁体内で漏水しているケースもございますので、
同様のクラックが外壁にあるようでしたらそこでも雨漏りを疑ったほうがよろしいかと思います。
また、雨水は構造体や配線、配管など様々なものを伝って移動しますので、室内に出た雨染みの
箇所で漏水が起こっているとは限りませんので念のため再確認することをお勧めいたします。

ご質問のお話に戻ります。
リフォームがクロスの張替にとどまらず、クロスの下地(石膏ボードもしくはベニヤ)を
剥がすようであればこの機に断熱材も入れ替えたほうがよろしいでしょう。
断熱材だけであれば数量、性能にもよりますが30万/一棟くらいで入れられます。
クロスの張替のみの場合は断熱材の入れ替えはできませんので、
その時は雨漏りの疑いのある箇所だけでも内壁を剥がして確認するべきです。
仮に1年漏水を放置していたのであれば、断熱材はもちろんのこと構造体の劣化も
懸念しなければなりません。
また、外壁のクラックが原因というのは確実でしょうか?
もしかすると売り主側の憶測ではないでしょうか?
雨漏りの補修は原因を突き止めて初めて完全な補修ができます。
一見、原因と思っていた箇所が実は違っていたなんてことは雨漏りの調査では
よくあることですので一時しのぎではなく確実な補修をするべきです。
断熱材が劣化していたなら取り換えれば済みますが、構造体は容易ではありません。
場合によっては建替えたほうが早い、なんて事態も起こりえます。
中古物件を購入される際は、天井裏、床下等進入できる箇所は実際に進入して、
できる限り目視確認が必要です。
とは言いましても一般の方が容易にできるものではありませんので、
場合によっては専門家に依頼したほうがよろしいかと思います。

少々怖いお話になってしまい、せっかくのお気持ちに水を差してしまったかもしれません。
しかしながら、購入してから後悔してはいけませんので、あえて厳しい面をご回答させて
いただきました。

素敵なお住まいに巡り合えることを願っております。

調査
雨水
漏水
中古
リフォーム

評価・お礼

こえた さん

2014/04/27 11:31

中山秀樹さま
迅速な回答をありがとうございます!

該当の物件は旗竿地にあり
敷地いっぱいに建っていて隣家と密接し接道しておらず
建物南側だけ空き地に面していますが侵入禁止のため
外壁のクラックの確認が難しい状態です。

問題のクラックは空き地側にあり
ぎりぎり見える場所を探して遠目に見た感じ、
これとわかるヒビのような線は確認できませんでした。

(クラックを発見したのはリフォーム見積もりに来た工務店さんで
3階の収納部屋の小窓から身を乗り出して見ていました)

買付け申し込みを入れる前に見に行ったときに
台所の床下収納から床下の写真を撮影してありました。
それを昨日あらためて確認しましたところ
地面が湿っている色をしているのですが、全体が同じ色ではなく
南側から水が流れ込んで湿ったような感じで
北側の一部は乾いた状態でした。

束の根本は水を吸った痕がありますが
とりあえずまだ腐ったり蟻道ができたりはしていません。

2階押入れから天井裏も撮影してありました。
よーく見てみると、木材の断面が緑になっており
野縁受?にもふわっとカビがついているようです。

そこから3階収納部屋壁裏の断熱材が見えましたが
個別にパッキングされていないタイプで
全面を覆っているビニールの隙間からグラスウールがはみ出ています。

そういったことを鑑み
最低限、漏水痕がある南側壁面だけボードをはがして断熱材を入れ替え
湿った床下に防蟻処理かなにかをして
クロスの張替、畳の表替え、トータルで幾らになるのか
不動産屋さんから紹介された工務店さんにもう一度確認し
明らかに予算オーバーであれば諦めることにしようと思います。。

大変不安でしたが、よいアドバイスを頂戴し、大変感謝します。

回答専門家

中山 秀樹
中山 秀樹
( 東京都 / 建築家 )
株式会社 中山秀樹建築デザイン事務所 代表取締役
03-6431-8100
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

くつろぐ、食べる、寝る、遊ぶ、生活が楽しくなる快適な家

風通しの良い職場という言葉があります。上司や同僚の関係がオープンで健全な環境良い職場を意味しますが住宅も同じです。どこにいても風を感じる淀みのない住宅は健全な心と体を育みます。機械を極力使用しない風通し良く居心地良い住宅をご提案いたします。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外壁クラックからの雨水侵入

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2014/04/27 08:46

中古の戸建購入検討中の者です。
買付け申し込みを入れた物件でリフォームの見積もりを取ってもらいました。
その際、1階と2階の内壁の雨漏り痕の原因と補修箇所の見当をつけてもらったところ
3階の窓… [続きを読む]

こえたさん (東京都/45歳/女性)

このQ&Aの回答

雨漏り補修って一番難しいんです 小林 裕美子(建築家) 2014/04/27 11:48

このQ&Aに類似したQ&A

瑕疵保険について。 えびこさん  2014-06-06 21:46 回答2件
中古住宅雨漏り 告知されていないかった himawariママさん  2013-07-17 21:59 回答1件
新築から丸四年、雨漏りに悩まされてます チェルタローさん  2013-03-05 22:39 回答3件
木造モルタル外壁のシミ ucla99さん  2016-03-06 10:52 回答1件