傾斜地の活用 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

長井 義紀

長井 義紀
建築家

2 good

傾斜地の活用

2014/04/16 20:01
(
4.0
)

千葉県市川市の設計事務所です。
法規を細かく述べるのも不明確になってしまいますので、かなり大まかになりますが。
1.屋根があるものは、床面積に入ります。駐車場に屋根がなければ面積には入りません。エレベーターは床面積に入ります。
2.建築物この場合住宅ということになりますが、その用途の付属物としてつくることは可能です。
1と同様に、屋根があると面積に算入されます。
3.井戸を掘ることは可能です。
4.設計については、専業の設計事務所に依頼し、設計と監理をしてもらう方が良いでしょう。工事費のチェックや、建物の品質チェックを独立した立場で行うことができます。
また、施工については、造成の有無や規模によると思いますが、資格を持った技術者が「専任」で施工管理できる施工会社が望ましいと思います。
5.切土、盛土の度合いによって、開発行為となる可能性があることと、計画の規模によりますので明確にはお答えできません。
面談などをして、具体的にご相談されることをおすすめします。

住宅
設計

評価・お礼

haru_aka さん

2014/04/17 20:03

早速の回答ありがとうございます。
屋根があると床面積に加算されるんですね・・・。
やはり現地を確認してもらってアドバイスをお願いした方がいいでしょうね。
ありがとうございます。

長井 義紀

長井 義紀

2014/04/17 20:25

評価いただきありがとうございます。

車庫は建物全体の床面積の5分の1まで緩和(容積対象床面積から除かれます)
エレベーターは商業用は高いので、ホームエレベーターで良いと思います。車いすにも十分対応できます。
バリアフリーなど十分考慮する必要がありそうですね。
実例がありますので、興味がありましたらHPをご覧ください。
長井義紀建築設計事務所 http://www.ynaa.jp

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

斜面の土地の活用方法

住宅・不動産 住宅設計・構造 2014/04/16 18:11

都内の土地(約600平米)なのですがぼた山の斜面の様な所に土地がありまして、一種低層建ぺい率・容積率40%・80%となっております。
現状、道路の入り口(幅4.9m)から急な斜面を登らないと家にたど… [続きを読む]

haru_akaさん (東京都/36歳/男性)

このQ&Aの回答

斜面の土地 小松原 敬(建築家) 2014/04/16 18:47
傾斜地の土地活用につきまして ガーデナー建築家/勝田無一(建築家) 2014/04/16 20:05
斜面の土地の活用方法 畔柳 美知子(建築家) 2014/04/17 15:04
設計にも住むにも面白い土地ですね 小林 裕美子(建築家) 2014/04/17 18:48
土地の活用方法について ラ・リヴィエレ フランク(建築家) 2014/04/17 21:32
「斜面の土地の活用方法」について 上村 美智夫(建築家) 2014/04/17 15:52

このQ&Aに類似したQ&A

都心の狭小地における設計 DEITEさん  2016-08-27 22:03 回答4件
約18坪の狭小地に店舗併用住宅を建築するにあたって デイテさん  2013-11-06 19:17 回答4件
木造で大きな開口 ナカナカさん  2014-05-20 22:00 回答2件
築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
新築間取りでアドバイス下さい!わ あいらぶゆーさん  2015-03-25 05:47 回答3件