リフォーム工事を楽しんでください。 - 清水 煬二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォーム工事を楽しんでください。

2014/04/13 12:13
(
4.0
)

昔の住宅は、おっしゃる通り梁が素敵です。

そういう建物をリフォームする場合、平屋であっても
2階建てであっても、必ず、それを生かせないかを考えて設計しています。
完成後も、大変喜ばれています。

ビフォーアンドアフターで私が手がけた住宅も
築50年の平屋で、吹き抜けにして梁を現しにしました。
南北に長い切り妻でした。

暑さと寒さ対策は、もちろん必要ですが、
今よりも暑さや寒さには、

正しく設計し、正しい工事を行えば
快適に過ごせます。

屋根断熱は当然ですが、外壁、床、サッシの断熱と
空気の流れを正しく考えれば、心配しなくて良いでしょう。

屋根材は、瓦は蓄熱量が大きいので、
断熱を考慮したうえで熱環境を考えれば、

鋼板の方が輻射熱の関係で体感上でも、お勧めです。

音の問題も、鋼板に断熱と遮音を持たせたものを使えば
気になるほどではありません。

築50年の良さを生かしながらも、
構造的に問題のある箇所は必ずありますので、
リフォーム部分は今回、手直ししておきましょう。

リフォーム工事を楽しまれると良いですね。

平屋
リフォーム
断熱
吹き抜け
屋根材

評価・お礼

きゅー さん

2014/04/16 21:10

ご回答ありがとうございます。
写真の梁がとても素敵ですね!ウチはここまで立派ではないですが、やはりいいなあと思いました。
鋼板の屋根材も断熱に有効なんですね。意外でした。
参考にさせていただきます。

回答専門家

清水 煬二
清水 煬二
( 神奈川県 / 建築家 )
ミタス 一級建築士事務所 代表
045-989-2661
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

設計だけでなく、徹底した監理を行うTVの匠に出た建築家

現在の日本の住宅は、すべて造る側の都合で考えられています。住まい手の立場で素晴らしい住宅を楽しみながら創りましょう。本物の住宅を造るには、設計だけでなく徹底した監理も必要です。無料相談を利用すれば、あなたの考え方が180度変わるでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

平屋の吹き抜けにしたい

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2014/04/13 11:45

築50年の平屋をリフォーム予定です。
建物は南北に長く、切妻屋根です。
柱や梁を活かしたく、狭さ対策、採光の面からも吹き抜けにしたいと考えているのですが、暑さや寒さ対策の面でデメリットを目にする… [続きを読む]

きゅーさん (神奈川県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

平屋のリノベーション 小松原 敬(建築家) 2014/04/14 13:08
吹き抜けはメリハリをつけて 伊藤 一郎(建築家) 2014/04/15 21:44

このQ&Aに類似したQ&A

コンクリート打ち放しRC住宅の外断熱について ルー太郎さん  2016-04-03 18:40 回答1件
窓枠・巾木・内窓の色 anyanya-kittyさん  2015-05-21 04:31 回答1件
広縁の断熱に悩んでいます ごーしゅさん  2013-01-18 20:02 回答2件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件