住宅取得に伴う、老後、教育資金の準備の仕方 - 寺岡 孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

住宅取得に伴う、老後、教育資金の準備の仕方

2014/03/24 02:32
(
5.0
)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、今回の住宅取得では逆算すると3,500万円のローン利用となりますが間違いはないでしょうか?

そうなれば、返済期間をどの程度でお考えか?また、子どもさんはおひとりだけなのか?など、ご自身をお考えをお聞きしたいところです。

また、教育資金に関しては、大学に行かせるだけでも少なくとも500万円は必要と言われており、医療系や理系はそれ以上にかかるものです。

こうした点を踏まえると、住宅購入に対しての自己資金の割合いやローン借入額、返済期間などを再検討する必要はあるでしょう。

よく「住宅ローンは繰り上げ返済した方がいい」と進められるFPの先生方も多くおられますが、それぞれの家計によっては繰り上げすることで、手元資金が全くなくなってしまい、不意な出費に対応できない場合もあります。

今回のように、融通のきく現金を概ね住宅取得の方に出してしまうと、いざという時の資金はどうか?疑問が残ります。

上記のような点を鑑みて、資金の割り振りを考えるべきかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

尚、詳細なご自身の条件が分かりませんので、回答に不十分な点をお許しください。
また、宜しければ個別のご相談をお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

■お問い合わせフォームはこちら
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/tabid/93/Default.aspx

■アネシスプランニング(株)
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

■戸建て住宅の設計・見積をプロがチェックします!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.ne.jp/pf/t-teraoka/s/s-4312/

■注文住宅やハウスメーカーの契約に関する個別相談 開催!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.ne.jp/pf/t-teraoka/s/s-2730/

■中立的アドバイスで最適な住宅ローン借入をご提案
詳しくはこちら ⇒ http://profile.ne.jp/pf/t-teraoka/s/s-5118/

補足

■適切な住宅購入かどうか?
補足のコメントをいただきありがとうございます。

ご希望の住宅取得は可能な範囲かとは思われますが、まずは教育資金をどう捻出していくがポイントかもしれません。

たとえば、ご主人のみの収入でローン返済も含めた家計をやりくりして、奥様の収入にはまるっきり手を付けずに貯金すると5年程度で1,000万円程度は貯められます。

そのあたりまで来れば、教育資金のめどが立ちそうです。

また、住宅ローンはフラット20とか35といった長期固定金利でローン返済額を固定しておくことで、家計の中身の仕分けはやり易いかと思います。
この場合には、教育資金も一気に貯めるのではなく、毎月一定の額での積立にはなるでしょう。

以上はあくまでも一例ですので、ご自身にピッタリかどうかはもう少し掘り下げて検討していくことにはなるでしょうね。

なお、住宅購入に関しては、諸費用やインテリア費用も含めた総額を早い時期に把握しておくと、こうした計画も立てやすいかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

アドバイス
繰り上げ返済
教育資金
住宅購入
住宅ローン

評価・お礼

さくらこ26 さん

2014/03/25 18:21

具体的なアドバイス、ありがとうございます。
長期にわたる多額のローンということで、少しの不安から徐々に「計画を全部白紙撤回したほうが良いかな?」という大きな不安を感じておりましたので、これで落ち着いて改めて計画を見直すことが出来そうです。ありがとうございました。

寺岡 孝

2014/03/26 02:00

この度は回答に評価をいただき、まことにありがとうございます。

晩婚・高齢出産の家計運営は決して簡単ではありません。

お子さんが生まれたと同時に教育資金や住宅資金、そして老後資金という重荷に短期間で対処することになり、日々の家計運営をうまく行っていかないと手元資金が無くなり厳しい老後を迎えることになりかねません。

そうしたことから、将来の減収や退職金見直しも考慮した家計運営の考え方が必要でしょう。

また、住宅購入には思わぬところでの出費も大きいものですから、購入計画全体やローンの商品選択などが適切かどうかは、専門家のアドバイスを受けることも必要でしょう。

以上、取り急ぎ回答の評価の御礼まで。

アネシスプランニング(株)
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
( 東京都 / 建築プロデューサー )
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅取得に伴う、老後、教育資金の準備の仕方

マネー 家計・ライフプラン 2014/03/24 00:20

夫40歳 昨年年収税込み900万
妻43歳 今年の4月より正社員勤務予定(年収約240万?)
子供1歳 4月から保育園に預ける予定

預金 1700万
払済み養老保険(60… [続きを読む]

さくらこ26さん (東京都/44歳/女性)

このQ&Aの回答

いくつかの注意点と考え方です 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2014/03/24 19:58
生活が大きく変化する年は様子を見ながら進めてみましょう 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2014/03/25 03:22

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件