申し分ないと思います…が - 大泉 稔 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

申し分ないと思います…が

2014/03/30 10:51
(
5.0
)

mappy2guppy 様

こんにちは。相続総合研究所の大泉稔です。

早速ですが。
ご記入いただいた保障内容を興味深く拝見しました。

私が気になったのは…「がんに関する保障」と「貯蓄性に対する意識」の2点です。

まず「がんに関する保障」から。
2.の三大疾病保険ですが。

「三大疾病保険」の保障対象となる「3大疾病」は十分、ご理解頂いているでしょうか?
急性心筋梗塞や脳卒中で「60日以上の労働制限」について、いかがでしょうか?

続いて、保障金額です。200万円で十分でしょうか?

近年、がん治療の進歩は目覚ましく、また「がん対策基本法」の制定により、
「健康保険の対象となるがん治療」も増えてきました。
ですから
(がんが発見されたタイミングと部位にもよりますが)「治療費」だけでしたら
mappy2guppy様ご加入の「三大疾病保険の保障金額」でよろしいかと存じます。

問題なのは…「がんの治療」が長期に及んだ場合です。
具体的には、「収入減少」、「住宅ローン」そして「(私独自の言葉)周辺の費用」です。

もう少し、細かく観て行きましょう。
収入減少…傷病手当金でカバーできますが、傷病手当金は会社との雇用関係が維持されていることが前提です。

住宅ローン…三大疾病団信でも無い限り、返済義務は続きます。

周辺の費用…がん闘病中にかかるお金のことです。具体的にはタクシーなどの交通費、副作用に対してかかるお金、そして家族に対する配慮です。

三大疾病はナンといっても「一時金」だけの保障です。
いざ、大病し一時金を受け取ると…闘病と共に「(受け取った一時金を)取り崩す生活」が始まることになります。

私も以前は「三大疾病保険だけで十分です」と言っておりましたが、
今は「三大疾病保険+がん保険」で提案しております。

ちなみに、私自身はがん家系ということもあり、
「三大疾病保険1000万円+がん保険」という保障です。


「貯蓄性に対する意識」は後ほど、補足欄に書きます。
(済みません、そろそろタイムオーバーです)。

補足

(遅くなりましたが…続きになります)。

がん保険は掛け捨てですが、「治療の実績(入院や通院の日数など)に応じて(定額の)給付金」を受け取れるタイプのものが多いようです。

三大疾病保険のような「診断で一時金を受け取り、取り崩していく」保障と
「治療の実績(日数など)に応じて(定額の)給付金」受け取っていく保障の両方あった方が良いと、私は思います。


話題は変わりますが…「貯蓄性に対する意識」についてです。
戻り率が100%を超えているので、いわゆる元本割れは防げそうです。
が、
インフレに対する備えは、いかがでしょうか?
「100万円」という金額が「今」も「将来」も同じ輝きを保っているとは限りません。

保険はインフレには、決して強くはないようです。

タイトルにも書きましたが。
保障内容は申し分ないように思います。

が、「将来のインフレ」という点にも注目して頂きたいと思います。
せっかく、当サイトを通してご質問頂きましたので…。

大泉稔
相続総合研究所
がん保険
健康保険
住宅ローン

評価・お礼

mappy2guppy さん

2014/04/04 14:59

ながながとした質問に丁寧にご回答いただきありがとうございました。
とても参考になりました。

実はこれらの保険、申し込み手続きを行いましたが、告知項目があり、
幾つかは入れませんでした。そのため、改めて検討中です。

ご指摘頂いた点について、補足をしておきますと、
住宅ローンは三大疾病特約が付いています。また入院保障特約もついています。
そのため、がんもしくは脳卒中、心筋梗塞で60日条件を満たすとローンがゼロ、
入院すると入院期間中のローンは免除になります。そのため、住宅ローンについては
心配をしておりません。

一番気になっているがご指摘にもあった三大疾病保険です。
正直あまり保険に入りたくないので、やめようかとも考えていますし、掛け捨ての
安いがん保険にしようかとも思っています。
貯蓄性に対するインフレ懸念はおっしゃる通りだと思いますので、利率変動型も
検討しましたが、結果妻の性分的なところから解約返戻金のある三大疾病保険になった
次第です。が、先に述べた通り、私はこれに入れませんでした。
妻は入れました。妻には住宅ローンで女性特有がんの特約(一時給付金100万)も
ついているので、このままいこうと思います。
私の分は再考しようと思っています。

大泉 稔

2014/04/08 23:50

コメントありがとうございます。

利率変動型終身保険ですね。
利率の見直しがあり、保険金や解約返戻金が増額すると…増額保険金は減らないのがメリットです。が、今後、利率の見直しがなされるような時代が来るでしょうか?

日本の株式や世界の株式&債券に感応する変額保険などの方が、
インフレリスクに備えられると思います。

いかがでしょうか?

回答専門家

大泉 稔
大泉 稔
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
「保険と金融」の相続総合研究所
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2014/03/22 00:38

子供が1歳になり、住宅も購入したため、保険の見直しを考えています。
いろいろ考えて、以下のような保険設計を考えました。
是非専門家の方のご意見を伺いたいので、ご相談させてください。
これでいいもの… [続きを読む]

mappy2guppyさん (岡山県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

第一子誕生後の保険の見直し たかとらさん  2014-04-28 17:43 回答1件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
病気の夫の生命保険 lala7さん  2014-08-16 15:21 回答1件
保険の見直しについて hikomamaさん  2014-04-20 00:16 回答2件
教育資金の準備について mappy2guppyさん  2014-03-16 14:48 回答2件