中古住宅の購入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

中古住宅の購入について

2014/03/10 09:55

ゆうちんままさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『マイホームの夢はありますが、危険でしょうか?
諦めて今の公営住宅にいた方が良いですか?』
につきまして、

例えば、物件価格1280万円、自己資金200万円、借入金1080万円、返済期間15年で、
住宅ローン金利を1.0%とした場合、

年間の返済額は776,000円ほどとなり、
手取り年収340万円に占める住宅ローンの負担割合は、
22.8%ほどで済みますのでこの水準でしたら、
住宅ローンの負担で家計が圧迫されるような心配はありません。

また、住宅ローン金利を4.0%とした場合、
年間の返済額は959,000円ほどとなり、
手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合は、
28.2%ほどになりますので、
この水準でも何とか家計は維持していくことが出来ると考えます。

よって、ゆうちんままさんが現在ご検討されている物件につきましては、
前向きにお考えいただいても大丈夫だと考えます。

ただし、購入する物件が中古物件となりますので、
将来のことを考慮した場合、
リフォーム費用がかかるであろうということ。

また、お子さまもいますので、
将来の教育資金負担のことも考慮したうえで、
今のうちから将来のイベント支出に備えて、
しっかりと貯金していくことも合わせて考えておく必要があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

リフォーム費用
教育資金
住宅ローン
貯金
家計

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古住宅の購入

住宅・不動産 不動産売買 2014/03/09 23:19

夫48歳 年収 490万(手取り340万)トラック運転手勤続25年
妻40歳 パート年収100万
子11歳
中古住宅の購入を考えています。1280万の物件で、自己資金200万です。
融資の事前審査を申… [続きを読む]

ゆうちんままさん (岩手県/40歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

妻名義のみでの住宅ローンについて emilitaさん  2014-06-14 16:36 回答1件
住宅ローンについて masayaさん  2012-12-19 12:56 回答1件
建売住宅の売却・賃貸について marrinさん  2011-06-25 23:34 回答1件
土地+二世帯住宅の資金計画:無謀でしょうか? 草食動物さん  2010-03-04 22:39 回答1件
借地権の新築戸建購入で悩んでいます riefufufuさん  2009-03-16 19:08 回答1件