交感神経緊張状態 - 滝山 博行 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

交感神経緊張状態

2007/08/29 16:03

ご質問ありがとうございます。

二度、フラフラするめまいを発症した時期が、どちらも季節の変わり目に指しかかろうとする頃で、誰でも体が冬型から夏型、夏型から冬型に変わる不安定な季節です。本来、この頃はおとなしくしているのが無難なのですが、日本は特に忙しい時期です。

体の対応性が弱い時期に、仕事が忙しく過労気味の上、睡眠不足、人間関係のストレスなどだけでも、交感神経緊張状態になるわけですが、長い時間ゲームをすれば、それに輪を掛けるように交感神経緊張状態となり、白血球の顆粒球が増加して、組織を破壊する病気が起こります。めまい、突発性難聴、胃潰瘍、女性では子宮内膜症、子宮筋腫などです。

上記のことから、予防する方法は見えてくると思いますが、特に季節の変わり目は無理をせず、出来る限りおとなしくしていれば、かなり効果があります。
春先と秋口の年に2回は、必ず定期的に鍼灸治療に来院される人達がいます。賢い人達です。

交感神経緊張状態と副交感神経優位で起こる病気にも、鍼灸治療は威力を発揮します。

どうぞお大事にしてください。


***************************************
鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
info@hari.gr.jp http://www.hari.gr.jp
***************************************

回答専門家

滝山 博行
滝山 博行
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ふらつきめまい

心と体・医療健康 体の不調・各部の痛み 2007/08/29 12:03

初めまして。
いまフラフラするめまいになやんでいます。
最初の発症は去年の8月でした。その時は3週間ほどでめまいがなくなりました。
二度目は今年の3月です。この時期は仕事のストレスが重なり、めまい以外にも… [続きを読む]

ぽっしゃんさん (東京都/26歳/男性)

このQ&Aの回答

カイロプラクティックをお勧めします。 山中 英司(カイロプラクター) 2007/08/29 12:09
ふらつき、めまいについて 市原 真二郎(カイロプラクター) 2007/08/29 23:47
ふらつき、めまいについて 檜垣 暁子(カイロプラクター) 2007/08/30 03:22

このQ&Aに類似したQ&A

眼科?内科?消化器科?ふらつき、吐き気 hitonokoさん  2010-09-19 01:10 回答2件
脊柱管狭窄症について ひよひよさん  2013-03-02 16:00 回答1件
左首筋の痛み2日目です。 みるてぃさん  2012-06-26 11:16 回答1件
静脈血栓後遺症 センメイさん  2012-06-25 12:27 回答1件