目的にあわせた加入を - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
池田 弘司

池田 弘司
生命保険アドバイザー・ITコンサルタント

- good

目的にあわせた加入を

2014/01/20 13:08

1)がん保険・医療保険について

 ・がん保険

 以前のがん治療と、今時のがん治療の環境は事情は異なります。
 昔の抗がん剤は500円程度だったそうで、今では高度化により十数万円という世界です。

 現在の医療の事情にあわせて、保険料も総じて高くなっていますね。

 今でもいろんな医療技術が生まれていますので、どの保険が一番なのか?
 というものもないかもしれません。
 支払い条件がそれぞれ異なりますから、治療方針次第によっては、
 給付される実際の金額が変わってくるのです。

 がん保険の意義のひとつに、一時金がありますが、
 どこに一時金を使うのか考えてみると、実際に給付される金額に、
 最終的には大きな違いが出てくることもあるのです。


 また、古いがん保険ですと、上皮内新生物(摘出すれば転移の心配がないもの)に
 対応していないなど、新しい保険に比べて役に立たないことがあります。

 アフラックの場合は、古い保険を新しい保険に近づける、
 追加できる保険があります。
 ただ、保障内容によっては新しい保険に加入しなおすほうが安価である
 場合もありますので、あわせて検討したいところです。


 ・医療保険

 アフラックの新しい医療保険はこれまでの入院日額の考え方が異なります。

 これまでの一般的な考え方:
  180日以内の再入院において、関連する疾病であれば1入院とみなす
 新しい考え方:
  180日以内の再入院において、疾病であれば1入院とみなす

 つまり、以前の考え方は、関連しなければ60日型なら120日の保障となりますが、
 関連するなら60日型は60日です。
 そして、新しい考え方では、疾病であれば60日型は60日(120日型は120日)
 なのです。判断基準がシンプルですね。

 関連する疾病とは意外と多く、保険会社によっては関連する疾病の一例が
 しおり・約款に記載されています。

 ですので、180日以内に再入院する方の実際は?というところですね。

 関連するか否か認定するのは、保険会社の判断によりますので、
 私たちでは断言することができません。

 通常の医療費は預貯蓄でなんとか出来るのであれば、
 がん保険だけでよいかもしれませんね。


 ・先進特約

 先進医療特約は、がん保険か医療保険かのどちらかになります。
 通常は1保険会社に1特約です。

 がん保険に先進医療をつけると、がんに関しない先進医療は受けられません。
 先進医療にこだわるなら、医療保険のほうかと思います。


 ・がん保険・医療保険のどちらか?

 預貯蓄や家族歴、加入している社会保険制度や会社の就業規則によるかと思います。
 会社の健康保険によっては、意外な厚遇な制度がある場合があります。

 この場合は医療保険が不要になる可能性もあります。

 入院日数・通院日数の制限は、医療保険とがん保険で異なります。
 医療保険は『全てに広く薄く』、がん保険は『がんに特化』したものだからです。

 医療保険だからといって、がんに対応しないわけではありませんが、
 何に対してどの程度備えたいのかによって、選択肢は変わってきます。

 家族歴がありますと、通常よりリスクが高い体質である、とも言われています。
 それで判断するのもひとつの方法でしょう。

 一定年齢以上は保険給付金額を減額することも可能なこともあります。

 社会保障制度において、今のところ70歳以上になりますと、
 医療費負担が70歳未満の現役より軽減されますので、
 がん保険・医療保険は『将来は減額する』という考え方で、
 当面は両方備えるという考え方もできます。


 道具の備え方・使い方は人それぞれです。
 ですので、何が正解なんてないと思います。

 toshi217さんの価値観次第だと思います。


2)生命保険について

 定期保険の部分について:

  主に『万が一の時の家族への保障』を目的として加入されます。
  ご子息が大学生ということですので、あと数年で独立されることでしょう。
  それまでの年数x必要年収(遺族年金+生命保険)で考えると、
  定期保険の保険金額の減額が可能かもしれません。

 災害割増特約・傷害特約について:

  加入目的によっては、損害保険に加入しておられる場合、
  そちらのほうで足りている可能性があります。

 入院・疾病特約関連について:

  医療保険に加入するなら不要と考えます。


具体的なことは私どものサービスをご利用下さい。

がん保険
生命保険
社会保険
健康保険
医療保険

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

50歳台の保険見直しこれで良いの

マネー 生命保険・医療保険 2014/01/20 01:49

こちらのサイトを本日知りました。

夫56歳、保険の見直しは何度か行っていて、これで3回目です。
貯金は、それほどはありません。夫はサラリーマン(4年後退職予定)妻は41歳パート  子供は大… [続きを読む]

toshi217さん (鹿児島県/56歳/男性)

このQ&Aの回答

保険見直しにつきまして 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2014/01/20 09:26
長生きの備えての保障 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2014/01/20 17:27
これからのライフプランに合わせて 京増 恵太郎(ファイナンシャルプランナー) 2014/01/20 15:43

このQ&Aに類似したQ&A

結婚後の生命保険と医療保険について ミシェル9176さん  2014-07-06 23:54 回答2件
夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
長割り終身保険について マーチーさん  2010-06-14 11:15 回答7件
死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件