購入申込書のキャンセルと再申込みについて - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

購入申込書のキャンセルと再申込みについて

2014/01/04 13:36
(
5.0
)

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

ご質問いただきました件ですが、どの仲介業者で購入の手続きを進めていくかは、

たましまん様のご希望する相手をお選び頂いて問題ありません。



大きな買い物をする際に、その売買に携わる業者が納得のいく仕事をしてくれない、

知識や誠実さが感じられない等の不安があるにも関わらず、他にもお願い出来る業者が

ある中で、そのような業者を介して、良し悪しの判断が難しい不動産の購入を行うのは、

非常に危険ですし合理的ではありません。



注意点としては、売主側の業者が仲介手数料を売主・買主の両者からもらいたいが為、

自社で購入希望者が見つかるまで、「売り止めです」「契約予定です」と言った断り文句で、

他社紹介の買主を付けさせない動き(囲い込み)を行ったり、数日程度売主への報告を遅らせ

その間に他の買主を探そうと動いたり、また競合した際にたましまん様以外の購入希望者

を売主へ勧めたりと、たましまん様が心配されているような、嫌がらせに近い行為や

売主との媒介契約違反にも抵触する行為をバレない範囲でしてくる可能性があることです。


売主と直接コンタクトが取れることや、業者への不信感から一度は申込みを取り下げた事、

物件自体への購入意思が今でもある事を理解してくれているようですので、

購入申込みが直ぐに手元に届いているか等、売主を味方につけて、話がスムーズに

通っているかの確認を逐一行うは有効かと思います。

※公益財団法人の東日本不動産流通機構は、会員向け情報システム「レインズ」の
利用規程を16年振りに改訂し、不動産仲介取引の際に不当に物件を紹介しない
“囲い込み”を禁じる規程や処分規程を盛り込みました。



売主にとっても希望額で売却できる話を通さない業者であれば、不利益でしかない状況

なので、購入に前向きな話であれば無碍にはされないかと思われます。


また、そのような業者相手にやり取りする際は、その記録が残る方法で行うことが賢明です。

購入判断に影響することで、仲介業者に問い合わせているにも係わらず回答しないまま

契約し、後にそのポイントで問題が生じれば仲介業者には責任が生じます。

申込書は編集できないPDFをメールで送信したり、郵送なら内容証明・配達証明郵便など、

重要事項説明や口頭でのやり取りも、後々の言った言わない問題で水掛け論にならない様、

録音できるようであれば言質を録っておく良いと思います。



但し、行動の内容や順序を違えると、単なる売主側仲介への営業妨害や名誉毀損と

扱われ兼ねないので、今後、売主へ直接コンタクトを取る場合は、たましまん様の

大義名分となるような証拠(業者側が質問の回答をせずに契約を急かした事の言質記録等)

と合わせて、事前に売主から直接確認の了解(書面または録音等の証拠も含)を得ておくと

良いかと思われます。



「不動産のプロ」と言うより「不動産を売るプロ」という風潮が強い業者では、

売主との交渉や、契約条件の調整次第で解決できるという考え方、

手間を掛けても解消して販売しようという姿勢は見受けられないことが

まだまだあるのが現状と感じます。

不動産業者の選び方に関しては、補足に記載しておきますので、是非ご参照下さい。



アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/  藤森哲也

補足

当社では契約書チェックの依頼も受けていますが、一生に一度の買い物という

消費者意識に対して、一度切りのお客様という業者都合が横行し、調査レベルが

極端に低く、物件の問題自体に気付いていないことや、知っていても言わなくてよい事は

伝えられていなかったり、ひどい時は知らなかったフリをしているケースもあります。

物件を調査し問題点を把握したり、問題の解消や負担・責任の帰属先を明確にしたり、

売買価格の値引き交渉、金利優遇によるローン総支払額の軽減、費用負担の交渉による

出費の軽減に努めたり、最終的にトラブルが起こらないように契約条件を交渉し調整して

いく対価として仲介手数料があります。


上記のような交渉などをしてくれない業者や、調査レベルがない業者、買主側に

利益になる提案、物件のリスクの説明が出来ない業者であれば意味がないので、

信頼できる知識と経験値と姿勢のあるパートナー・仲介を探し、間に入ってもらう

ことが、安心安全な不動産取引には大切になります。


物件自体は同じものを複数の業者が取り扱えますが、同じ物件でも買い方一つで、

その後の生活が変わってしまうことは多々あります。


そこで、以前に書いた

「不動産取引のトラブルを防止する、良い業者・良い営業マンの見極め方」

のリンクを張り付けておきます。


不動産の購入だけでなく、購入後の生活までをイメージした提案ができる

たましまん様がより良いパートナーに恵まれ、安心安全な不動産購入の

実現にお役立て下さい。



以上、ご参考になりましたでしょうか。

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/  藤森哲也


※コラム:不動産取引のトラブルを防止する、良い業者・良い営業マンの見極め方

http://profile.ne.jp/w/c-105934/

選び方
注意点
不動産業
トラブル
不動産購入

評価・お礼

たましまん さん

2014/01/05 00:20

藤森様

大変にわかりやすく丁寧な回答、本当にありがとうございました。
ご教示頂いたことを守りながら、申し入れと交渉を進めて行きたいと思います。

仲介業界は残念ながら藤森様のような考え方の方は少数派のようですね。
みなさんが、藤森様のような志を持たれるとよいのですが・・・。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

購入申込書のキャンセルと再申込み

住宅・不動産 不動産売買 2013/12/28 03:28

一度ネット質問版に記入したことがあるのですが、専門家のご意見を伺いたく登校しました。

中古マンションの購入依頼書を書き、売主様から口頭で了解したと仲介業者から連絡がありました。しか… [続きを読む]

たましまんさん (岡山県/42歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

仲介手数料の値引きについて 土地取引初心者さん  2013-12-28 18:47 回答1件
中古マンションから新築マンションへの買い替えについて ぽこ☆ママさん  2010-10-16 13:51 回答3件
中古マンション購入後の雨漏り かがみもちさん  2013-04-09 10:08 回答1件
提携ローン事前審査申込書を提出するタイミング S・Kさん  2010-01-25 19:04 回答2件