法的には問題ありません - 平松 徹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

- good

法的には問題ありません

2013/12/26 09:36

法的には問題ありません。

ただし、割増賃金の基準などを満たしていなければいけません。
少しでもおかしいと感じたら、近くの労働基準監督署に行って相談してください。
今は法定時間外賃金では、35%の割り増し、25%の割り増しなど少しややこしいですので、時間があれば監督署に行って相談すると良いですね。

というのは、この相談をしていること自体で会社に対する不信感があるのでは推測されるからです。

また何かありましたら、ご相談ください。m(__)m

割増賃金
労働基準監督署
相談

回答専門家

平松 徹
平松 徹
( 千葉県 / 社会保険労務士 )
株式会社 ソフィア 所長

役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

顧客の役に立てたときに喜びが大きいですね。そのためには顧客のニーズをしっかりと把握すること、それに応えるにはどのようにしたらよいか、いろいろと悩むことが多い毎日です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

残業代の未払いについて

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2013/12/26 09:10

先月36協定で定めた時間を越えて残業を行ったところ、越えた分の残業代が支払われませんでした。会社に確認を行ったところ、越えた時間の記録は普段の勤務表とは別に付けていて賞与の際に特別手当てとして時… [続きを読む]

kino365さん (神奈川県/29歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

妊娠した社員の扱いについて あゆはさん  2014-08-02 02:45 回答1件
労働違反かどうか? いづちゃんさん  2007-12-18 10:52 回答1件
パートでの働き方の選択 えるんさん  2011-01-27 07:33 回答2件
残業時間の設定について 聡さん  2016-10-21 19:37 回答1件
育児休暇中に解任のメール hmsさん  2015-09-28 04:09 回答1件