回答致します。 - 田中 紳詞 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
田中 紳詞 専門家

田中 紳詞
経営コンサルタント/ITコンサルタント

- good

回答致します。

2013/12/07 13:05

こんにちは。

時間が経ってしまいましたので、既に解決された場合はご容赦ください。

未払金については、クレジットカードが事業用のものであれば、開業の日付で「開業費 / 未払金」、引き落としの際は「未払金 / 普通預金」でよいかと思います。

クレジットカードが事業用でないプライベート兼用などの場合は、「開業費 / 事業主借」、引き落としの際は「事業主貸 / 普通預金」となります。

開業費については、開業前の費用であっても、事業に関するのもので領収書などの証憑があれば、開業費として計上することができます。

ちなみに、事業に関する費用であっても、販売する予定の商品などは開業費にはなりません。あくまで「事業に関する費用のうち、開業するために要した費用」となります。

口座については、借入が2000万であるならば、最初の仕訳は「普通預金 / 借入金」ですね。
そこから記録していきますが、仕訳については、支出の性質によるため一概には言えません。

具体的に、210円についてですが、手数料であれば「支払手数料 / 普通預金」となります。
口座の開設に係る何らかの費用であれば開業費に入れてもよいですが、小額なものについては重要性が低いことから、正体がわからなければ雑損でも構いません。

その他「支払利息、家賃、内装工事費、家具・組立費など」とのことですが、これらのうち開業費に該当するものは「開業費 / 普通預金」となり、開業費に該当しないもの(例えば家賃など)は「地代家賃 / 普通預金」となります。

600円については、「普通預金 / 受取利息」となります。

口座については、通帳に記帳された明細=仕訳であり、月末の帳簿残高=実際の口座の月末残高となるように記帳してください。

勘定科目の間違いは後でも訂正できますが、口座の残高合わせは、最低でも毎月行われた方が良いかと思います。
(それなりの規模となった事業では、毎日行います)

勘定科目
開業
家賃
事業主
クレジット

回答専門家

田中 紳詞
田中 紳詞
( 東京都 / 経営コンサルタント )
株式会社Exciter 代表取締役/主席コンサルタント
03-6280-3255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

業務システムからモバイルまで、IT業界の無差別格闘家

専門はSAPなどの業務システムとコンサルティングですが、それに限らず企業にとって必要なITとその活用を考え、幅広い分野の経験を積んできたと自負しております。ITには多くの分野がありますが、一面ではなくトータルで勘案したプロの仕事をお届けします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

開業費

法人・ビジネス 会計・経理 2013/11/14 15:05

個人事業主の元で、経理を担当しております。

お尋ねしたいことがございます。宜しくお願い致します。

開業費について。今年の3月8日に開業しました。
・未払金
開業前に、クレジットカードで支払(1月~2月に購… [続きを読む]

くろかずさん (東京都/33歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

どのように帳簿つけしたらよいか教えてください。 handhandさん  2012-02-22 13:40 回答2件
個人事業主の経費(保育料と夫口座引落のパソコン) bluemamanさん  2009-02-05 18:36 回答1件
はじめて減価償却をします oonaoさん  2013-03-06 14:52 回答1件
個人事業主 帳簿について HANAはなさん  2010-01-12 15:10 回答1件
個人事業主:経費計上の範囲を教えてください。 とまてぃさん  2008-06-27 01:27 回答1件