雨漏りに対しての適切な修繕 - 向井 啓和 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雨漏りに対しての適切な修繕

2013/10/25 18:03

質問1に関して

10Lの雨漏りと言うのはあまり一般住宅で聞いた事がないので驚きました。


10Lもの雨漏りと言うのは明らかに施工上の問題と思われます。コーキングで治るのはもっと小規模な雨漏りかと思います。


根本的な状態の把握をする為には晴れた日に再現をするのが一番かと思います。


2階までであればホースや高圧放水で水を角度を変えて流すなどする事でどこに問題があるか判明します。


目視だけだと見落とす可能性がある様に思われます。



質問2に関して

売主側に責任を取ってもらうという点では、売主そのものは個人で、想像するには瑕疵担保責任期間を経過しているのではないかと思われます。


通常個人が売主の売買の場合は瑕疵担保責任期間を短く設定します。また、売主も6回も雨漏れをしていれば当然短く設定する事を望むと思います。


その為、瑕疵担保期間内での補修を売主に求める事は出来ないかもしれません。


売主も問題物件を売れてせいせいしていると思うと腹が立つと思いますが…


しかし、根本的な問題を造ったのはその施工会社です。そして、その施工会社の仲介会社は当然色々な観点から調査に関して責任を負うべきです。


ましてや、事実と明確に異なる重要事項説明をしたとなればその損害分は賠償すべきと思います。不動産に強い弁護士にご相談される事をお勧めします。

雨漏れ
弁護士
瑕疵担保責任
雨漏り
不動産

回答専門家

向井 啓和
向井 啓和
( 東京都 / 不動産業 )
みなとアセットマネジメント株式会社
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古住宅の雨漏り補修と告知義務違反の賠償責任について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2013/10/22 23:38

はじめて投稿させていただきます。

1年前に購入した築17年の中古住宅が雨漏りしています。
現状は購入後、いずれも台風の時の3回2か所雨漏りです。
場所は1F納戸500mL程… [続きを読む]

あん8039さん (大阪府/27歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

分譲マンションの配管の漏水について 熱海さん  2015-07-11 08:55 回答3件
サイディングの施工不良による不具合 altezzaさん  2015-01-05 13:45 回答1件
中古住宅雨漏り 告知されていないかった himawariママさん  2013-07-17 21:59 回答1件
瑕疵保険について。 えびこさん  2014-06-06 21:46 回答2件